韓国旅行「コネスト」 ドラマ『魔性の喜び』出演者、一銭も支払われていない「深刻な損害」。韓国の芸能ニュース
KONEST

ドラマ『魔性の喜び』出演者、一銭も支払われていない「深刻な損害」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ただの一銭も支払われていない。

MBNドラマ『魔性の喜び』に出演する俳優・女優に出演料が支払われていないことが伝えられた。一部の俳優に一部の出演料が支払われなかったと伝えられたが、主人公である女優ソン・ハユンとイ・ジュヨンなどには1ウォンも支払われていないことが分かり、衝撃はさらに大きい。

あるドラマ局関係者は28日、韓国メディアの日刊スポーツに「『魔性の喜び』の出演料未支給による波紋が思ったより大きい。特に、主要出演者が1ウォンも受けられておらず、ドラマの撮影期間に発生した費用を全部事務所側が負担した。これによる損害が数千万ウォンに達する」と説明した。

普通、ドラマの出演料は3回に分けて支給される。契約金の名目で出演前、撮影途中、ドラマ放送終了時点だ。しかし『魔性の喜び』の主要出演者は3回全部受けることができなかった。さらに、ドラマが撮影される最低3カ月間発生するヘアー・メーキャップ・衣装・車両・マネジャーなど費用だけで数千万ウォンだ。この費用は出演料から支払われるのが基本だが、製作会社から受けた出演料がないため、所属事務所が負担するしかない。それでも製作会社はまだ沈黙で一貫している。3日しか残っていない年末内に振り込むといったが、それさえも不透明だ。

主演である俳優チェ・ジンヒョクは出演料を受けたが、出演料を支払われていない出演者が多く、葛藤は深まっている状況。特定関係によって誰かは受け、誰かは受けられなかったということで出演者間の感情が良くないという説明だ。

これに先立ち、芸能マネージメント協会は「ドラマ『魔性の喜び』の出演料未支給事態が発生し、本協会の会員(社)の被害事実を把握しようとしている。『魔性の喜び』に会員(社)所属の俳優・女優が出演して被害を受けた会員(社)の方は未支給金額および証明資料(出演契約書など)を協会の電子メールに送ってほしい」と知らせた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2018年12月28日 16:46
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]