韓国旅行「コネスト」 スピード・早朝配達も 韓国で宅配競争が激化。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

スピード・早朝配達も 韓国で宅配競争が激化

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国で単身世帯の増加やライフスタイルの変化に伴い急成長している宅配市場を巡り、業種の境界を越えた競争が本格化している。出前アプリが日用品にまで宅配品目を広げようとする中、流通業界は食品配達を強化し、外食・フランチャイズ業界も拡大する宅配需要を取り込もうとしている。

 業界によると、出前アプリ大手の「配達の民族」は現在、食料品などをスピード配達するサービスを試験運用している。取り扱い品目は即席麺、レトルトご飯、飲料、アイスクリーム、菓子など約350種類に上る。今後は宅配対象エリアを広げ、取り扱い品目も生鮮食品や食品以外の商品にまで拡大することを検討している。

 これは、出前アプリ業界がスピード配達を武器に料理・食品だけでなく日用品にまで宅配サービス領域を広げる動きとも受け止められている。

 物流スタートアップ企業、メッシュコリアは先ごろドラッグストアのオリーブヤングと提携し、化粧品のスピード配達サービスを開始した。オリーブヤングのインターネット通販サイトやアプリで注文した商品を3時間以内に客に届ける。

 これに対抗し、流通業界は生鮮食品を中心に食品宅配サービスを強化している。

 ネット通販大手のクーパンは早朝に生鮮食品を配達するサービスなど、同業大手のティーモンは午前中に注文した商品を午後の指定時間に届けるサービスや生鮮食品の宅配サービスをそれぞれ実施している。

 現代百貨店は業界で初めて早朝の宅配サービスを導入した。大手スーパーのイーマートやロッテスーパー、コンビニエンスストアのCUなども、それぞれ早朝宅配サービスで生鮮食品などを届ける。

 外食・フランチャイズ業界も宅配需要拡大の流れに積極的に乗ろうとしている。パリバゲットは9月、ベーカリーチェーンで初めて宅配サービスを開始した。一部のコーヒーチェーンやファミリーレストランも出前アプリ企業と手を組み宅配市場に参入している。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2018年12月24日 11:43
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国入り脱北者 前年の7割減
東京五輪まで100日 韓国の目標は
BTSジミンの衣装 オークションに
ポン・ジュノ監督、米憎悪犯罪に言及
サムスン電子が大規模な中途採用実施
BTS日本曲ビルボードチャート入り
JYPが手がけるITZYの新曲
韓国の新規コロナ感染者731人
失業率悪化も、就業者数はプラスに
ユン・ヨジョン、授賞式前に思い語る
週間アクセスランキング
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
歌手オ・ジョンヒョク、12日に結婚
21.04.08
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]