韓国旅行「コネスト」 朝鮮通信使資料 釜山で韓日の所有物集めた展示会開催へ。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

朝鮮通信使資料 釜山で韓日の所有物集めた展示会開催へ

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
【釜山聯合ニュース】韓国と日本の友好を象徴する「朝鮮通信使」に関する資料の国連教育科学文化機関(ユネスコ)「世界の記憶」(世界記憶遺産)登録から1年を記念する展示会が韓国南部・釜山で開催される。

釜山市立博物館は19日、開館40周年を迎え、2018年国際交流展「ユネスコ世界記憶遺産、通信使記録物」を26日から11月25日まで開催すると明らかにした。

 韓国と日本に保管されている朝鮮通信使の記録物(資料)は、昨年10月に世界記憶遺産に登録された。韓国と日本の資料を一カ所に集めて展示会が開かれるのは今回が初めてだという。

 記録物は1607年から1811年まで朝鮮王朝が江戸幕府の招きを受けて12回にわたり日本に派遣した通信使の関連資料を指す。

 今回の国際交流展では、韓国の釜山博物館、国立海洋博物館、国史編纂(へんさん)委員会、国立中央博物館、国立古宮博物館、ソウル大奎章閣韓国学研究院、忠清南道歴史文化研究院が保管する資料28件、43点が展示される。

 日本側の資料は、東京国立博物館、大阪歴史博物館、下関市立歴史博物館、清見寺(静岡)、赤間神宮(山口)、高月観音の里歴史民俗資料館(滋賀)、山口県文書館が保管する53件、72点が公開される。

 主な展示品には、日本の重要文化財に指定された東京国立博物館所蔵の「朝鮮国王国書」と「別幅」、高月観音の里歴史民俗資料館が保管する「雨森芳洲肖像」、大阪歴史博物館所蔵の「正徳度朝鮮通信使国書先導船図屏風」などがある。

 韓国側の資料としては国立中央博物館所蔵の「趙泰億肖像」「槎路勝区図」、国史編纂委員会所蔵の「通信使行列図」、釜山博物館と国立海洋博物館が保管する通信使の随行画員や通訳官の絵や文字などがある。

展示会の開幕式は25日午後4時から、釜山博物館釜山館ロビーで開催される。

 開幕式に先立ち、午後2時からは同博物館大講堂で「日本の通信使記録物とその歴史的意義」「雨森芳洲肖像画について」と題した講演も開かれる。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2018年10月19日 13:47
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
ソウル市の人口が1千万人以下に
ピクサー、韓国おばあさん主題アニメ
APRIL「メンバー間いじめ」論争
オリンピック公園にKPOPスタジオ
新規コロナ感染者数444人
アストラゼネカ 高齢者への接種検討
「ザ現代ソウル」に瑞典SPA1号店
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
21.02.25
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]