韓国旅行「コネスト」 相乗りアプリに反発 タクシー業界が大規模集会。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

相乗りアプリに反発 タクシー業界が大規模集会

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国のIT(情報技術)サービス大手、カカオがスマートフォンのアプリを通じ、通勤時間などに目的地や方向が同じ人同士が自家用車に相乗りできるようマッチングするサービスを展開することに反発し、複数のタクシー業界団体が18日、ソウル中心部の光化門広場で大規模な集会を開いた。

2万人を収容できる光化門北側広場は全国各地から営業を中断して集まったタクシー運転手たちで埋め尽くされ、警察は広場周辺の4車線を通行止めにして集会の場を広げた。主催側は集会に約6万人が参加したと推計している。

参加者らは、相乗りサービスは「明白な違法営業」だとし、「政府は違法と知りながら第4次産業革命という美名の下で30万人のタクシー運転手をもてあそんでいる」などと主張。全国タクシー連合会の会長は「自家用車をタクシーのように営業できるようにし、IT大手が中韓でマージンを得ることの何が第4次産業なのか」と語気を強めた。

 また、個人タクシー連合会の会長は「生活を心配せず家族と一緒に1日3食を食べられるようにしてほしいと訴えたくてこの場に集まった」と声を上げた。

 一方、全国民主タクシー労働組合連盟の会長は、相乗りアプリやカーシェアサービスがタクシーの生存権を脅かしているとしながらも、「これを食い止めるだけでなく、私たちも乗車拒否をしない親切なタクシーに生まれ変わろう」と呼び掛けた。

 国土交通部によると、全国で3~4万台のタクシーが運行を中断した。タクシーの運行率はソウル市で80%後半、京畿道・仁川市で50~60%などとなっている。その他の地域ではタクシー運行が正常に行われている。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2018年10月18日 16:54
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]