韓国旅行「コネスト」 あえぐ韓国内建設業界、「残金が入ってこない」。韓国の経済ニュース
KONEST

あえぐ韓国内建設業界、「残金が入ってこない」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
未分譲に苦しむ住宅建設業界で、分譲代金の残金延滞による問題が重なっている。通常は分譲価格の20~30%となる残金を支払えない契約者が大きく増えており、業界ではこれを‘見えない未分譲’と呼んでいる。

◆残金延滞増える=6月に入居したソウルの恩平(ウンピョン)ニュータウン1地区1636世帯のうち、9分の1に当たる188世帯がまだ残金を払えずにいる。延滞金額は総額450億ウォン(約36億円)。施工会社のSH公社関係者は、「通常は入居が始まり2~3カ月が過ぎればほとんどの契約者が残金を払い鍵を受け取るものだが、時が過ぎても延滞率が下がらない」と話す。地方となると事情はさらに深刻で、7月に入居が始まった慶尚北道(キョンサンブクド)のあるアパートでは、残金を延滞している世帯が全体の30%に達している。延滞された残金は約250億ウォンだ。会社関係者は、「延滞金額でいえば全世帯の15%程度が未分譲状態なのと同じだ」と話している。

大韓住宅建設協会の丁鍾均(チョン・ジョンギュン)副会長は、「以前は入居世帯の約5%が残金の一部を1~2カ月延滞する程度だったが、今年に入り残金全額を延滞する世帯が20~30%に達している」と話している。

建設産業戦略研究所の金善徳(キム・ソンドク)所長は、「住宅景気が好転する兆しは見えず、残金延滞はさらに増えるものと予想されるが、これは建設業界の資金難をさらに悪化させるようなもの」と話す。昨年は中堅建設会社で数十世帯の未分譲よりも数百世帯の残金延滞のために不渡りを出したケースがある。

韓国住宅協会の尹五洙(ユン・オス)副会長は、「住宅市場の売買が容易に生き返るのは困難なため、残金に対する融資規制の緩和が必要だ」と主張している。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年10月16日 08:29
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]