韓国旅行「コネスト」 俳優ソ・イングク「ドラマ『一億の星』、日本原作とは違った魅力見てほしい」。韓国の芸能ニュース
KONEST

俳優ソ・イングク「ドラマ『一億の星』、日本原作とは違った魅力見てほしい」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国の俳優、ソ・イングクが出演中のドラマについて、日本の原作とは違った魅力を見てほしいと語った。

tvN新水木ドラマ『空から降る一億の星』(以下、『一億の星』)側はソ・イングクのキャラクターカットを27日、公開した。

ソ・イングクは殺人容疑者で、自由で危険な“怪物”「キム・ムヨン」を演じる。自分を取り巻くものすべてをゲームとみなしてスリリングなゲームに参加するが、内面には計り知れない悲しみを秘めた人物だ。ユ・ジンガン(チョン・ソミン扮)と出会うことで、心の奥底に堅く閉じられていた重い扉を開けることになる。

公開された写真の中で、ソ・イングクは両手にケグ(ビールの保存容器)を持っている。ブルーマスター(ビール職人「ブルワー」を取りまとめるトップ)に変身している。車の中に座って深く考えに沈んでいるときの表情は、カリスマが漂いながらもどこか寂しげだ。また、深夜に屋上の手すりに寄りかかり、空を見つめる瞳は孤独な魅力がにじみ出ている。キム・ムヨンが抱えている事情が気になるところだ。

ソ・イングクはキム・ムヨンというキャラクターについて「一般の人とは違う感情状態を持つ人物だ。ムヨンに対して初めて感じたことは、平凡ではない人が平凡になることを望んでいるということだった。他人の感情に無知だったムヨンは、ジンガンと出会うことによって相手に対する好奇心が高まり、自分自身も知らなかった感情に気づき共感するようになるという部分が魅力的に映った」と語った。

また「このドラマは日本ドラマ『一億の星』のリメーク作だが、このドラマのファンが原作とは違った魅力を見てくれたらうれしい」と話し、ドラマへの関心を呼びかけた。

一方、ドラマ『一億の星』は『知ってるワイフ』の後続として、9月26日に初放送される。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2018年08月28日 10:06
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
観光客コロナ以降月平均1万人満たず
月刊尹鍾信に竹内美宥の日本語曲収録
光化門広場の西側道路閉鎖 不満続出
ロゼ 12日に初ソロシングル発売
グラミー賞候補BTS 授賞式で公演
大統領選の支持率で前検事総長が1位
政党支持率 最大野党が与党上回る
韓国の新規コロナ感染者346人
コロナ 1日の検査件数50万件に
ワクチン接種 開始9日で30人万超
週間アクセスランキング
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
電車でハンバーガー食べた女性を立件
21.03.05
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]