韓国旅行「コネスト」 俳優キム・ジョンヒョン、ドラマ「時間」の主人公から降板…「健康上理由」。韓国の芸能ニュース
KONEST

俳優キム・ジョンヒョン、ドラマ「時間」の主人公から降板…「健康上理由」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
俳優キム・ジョンヒョンがMBC(文化放送)ドラマ『時間』から途中で降板する。グループHighlight(ハイライト)のユン・ドゥジュンの入隊降板とは異なるもう一つの未曽有の事態だ。

あるドラマ局関係者は26日、韓国メディアの日刊スポーツに「キム・ジョンヒョンが『時間』から降板する。ドラマの後半部から出演しないことにした」と耳打ちした。この便りは中央日報を通じて単独で報じられ、MBC(文化放送)とキム・ジョンヒョンの所属事務所は「健康上の理由」という立場を出して認めた。

実際に第12話(中間広告を含む24話)の台本のエンディングには彼の死を暗示するような状況が描かれている。劇中で時限付き設定ではあるが、放映終了より早い時点に主人公が突然降板するのは稀なことだ。

これを受け、MBC(文化放送)側は「『時間』で余命宣告を受けた財閥2世役を演じているキム・ジョンヒョンが健康上の理由でドラマから降板する」と明らかにした。製作スタッフは「残りの撮影の部分は最善を尽くして参加している。作品について多く対話をし、シーンごとに熱情的な演技とともに優れた作品分析でキャラクターをよく消化した。早く回復できればと思う」と残念な気持ちを伝えた。

キム・ジョンヒョンの所属事務所側は「キム・ジョンヒョンが体調不良でやむを得ず降板することになった。その間、作品に迷惑をかけたくないというキム・ジョンヒョンの強い意志で治療を併行しながら撮影に参加し、製作スタッフも俳優の意志を最大限考えてスケジュールの調整など必要な措置を取り、作品を最後まで終わらせることができるように最善の努力をつくした」と伝えた。しかし、最近、心理的、体力的に休みが必要だという担当医の診断により、製作スタッフと数回にわたって議論した末に、結局降板を決めることになった。

キム・ジョンヒョンは『時間』の製作発表会で態度をめぐる論争に巻き込まれた。その後、作品に没頭しすぎて意図せずミスをしたものと釈明したが、簡単に論争が収まらなかった。作品が始まった後には演技力に合格点を得て論争を抑えていた。しかし、健康上の理由で最後まで出演することができず、降板することになった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2018年08月27日 10:18
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数356人
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
コロナ防疫レベル2週間据え置き
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]