韓国旅行「コネスト」 シン・スンフンのファン、列を作ってアルバム購入…音盤市場が復活?。韓国の芸能ニュース
KONEST

シン・スンフンのファン、列を作ってアルバム購入…音盤市場が復活?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
オフライン市場が活気付いている。 音盤から音源に市場の主導権が移ったのはいまや既定事実だが、音盤でアピールする歌手が続々とカムバックし、オフライン売り場に歌謡ファンが集まっている。

CDを買うためにファンが店の前に列を作るという珍しい風景までも演出し、90年代の音盤市場全盛期を再現しているようだ。

その始まりは7月に8集「MOAI」を発売したソ・テジだった。 4年ぶりにカムバックしたソ・テジの音盤発売にファンが注目した。ファンはソウル市内の光化門(クァンファムン)や江南(カンナム)の音盤販売店に集まった。 ソ・テジはファンのこうした団結力のおかげで、シングルにもかかわらず13万枚の販売を記録した。

その後、音盤シンドロームは東方神起(トンバンシンギ)が引き継いだ。CD予約が30万枚を超え、シンドロームを予告した。予約注文に対応できず、当初計画した発売日を数日延期した。オフライン市場でのファンの団結力で東方神起の「MIROTHIC」はアルバム発売と同時にチャート1位に浮上した。

2年ぶりにカムバックした‘国民歌手’シン・スンフンのファンもシンドロームに加わった。18年間守ってきた‘バラードの皇帝’というタイトルを捨ててモダンロックへの逸脱を図ったシン・スンフンの変身に大きな関心が集まり、数百人のファンがソウル光化門の教保文庫で長い列を作った。

シン・スンフン「ラジオウェーブ」は東方神起を抜き、8日深夜0時現在、ハンターチャートのリアルタイム音盤販売チャートで1位になった。

こうした流れは、音源型と音盤型の歌手に分かれる歌謡界の流れを見せている。 いくら音源でヒットしてもCDは売れない歌手がいる一方で、CDを購入するファンが多い音盤型歌手が相変わらず存在しているということだ。

ある歌謡関係者は「男性歌手の場合、固定ファンがいて曲のヒットがCD販売につながるが、女性歌手の場合は曲がヒットしてもCDの販売に影響しない場合が多い。 固定ファンが多い男性歌手のカムバックが相次ぎ、音盤市場に活気が出ている」と伝えた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年10月10日 13:20
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
「マッコリ醸造」が韓国無形文化財に
キューブ 新グループデビューを予告
板門店見学ツアー 4カ月ぶり再開へ
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
韓国の新規コロナ感染者698人
韓国人教授 エコな花粉スポンジ開発
韓国入り脱北者 前年の7割減
東京五輪まで100日 韓国の目標は
BTSジミンの衣装 オークションに
週間アクセスランキング
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
ユン・ゲサン漫画原作ドラマ主役に
21.04.09
5人以上の集まり禁止3週間延長
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]