韓国旅行「コネスト」 台風19号、6年ぶりに韓半島を直撃か…23~24日に豪雨の予報。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

台風19号、6年ぶりに韓半島を直撃か…23~24日に豪雨の予報

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
台風19号(SOULIK)が23日に韓半島(朝鮮半島)に上陸することが予想されている。これに伴い、南海岸と済州道(チェジュド)を中心に、非常に強い風と共に集中的な雨が降るものとみられている。

19日、韓国気象庁によると、この日午後3時現在、台風19号は鹿児島の南東約1080キロ付近の海上を移動しながら韓半島に向かって接近している。中心気圧955ヘクトパスカル、最大風速40メートル毎秒に達する強い中型級台風だ。気象庁は台風19号が22日に済州道沖を移動し、23日午前に全羅南道(チョルラナムド)の海岸に上陸すると予想している。台風が韓半島に上陸するのは2012年9月の台風16号(SANBA)以降、6年ぶりになる。台風19号は全羅道と忠清道(チュンチョンド)、江原道(カンウォンド)を経て東海(トンへ、日本名・日本海)沖に抜ける見通しだ。

特に、今回の台風は28度前後の高水温海域に沿って移動しながら、熱エネルギーの供給を受けながら勢力をさらに拡大させるものとみられている。台風が韓半島に接近する場合、多くの雨とともに非常に強い風を伴う可能性が高い。猛暑や干ばつが解消されると期待するよりも、台風が及ぼす被害のほうを心配しなければならない理由だ。

台風の進路の決め手となる最も大きな要素は、日本列島上空に張り出している北太平洋高気圧だ。台風は主に北太平洋高気圧の縁に沿って移動するため、高気圧がどのように張り出すかによって台風の移動経路も変わる。ユ・ヒドン予報局長は「北太平洋高気圧が予想よりも早く西の方に張り出すことで台風の予想進路も継続して西の方に押されている」とし「北太平洋高気圧がさらに張り出す場合、台風が西海岸(ソヘアン)に進む可能性もある」と話した。

気象庁は台風19号の接近に伴い、22日午後から済州道に雨が降り始め、23~24日には全国各地に雨が降ると予報した。気象庁関係者は「済州道と南海岸では地形的な影響で局地的に非常に多くの雨が降る場所があり、最大瞬間風速40メートル以上の非常に強い風が吹くことが予想されるため、各種施設管理および事故には格別の留意を払ってほしい」とし「台風が北上する前の22日までは北太平洋高気圧が再び張り出して猛暑と熱帯夜が強まる」と伝えた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2018年08月20日 08:15
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]