韓国旅行「コネスト」 ジンエアー 免許取り消しの危機免れる=「違法役員」で物議。韓国の旅行ニュース
KONEST

ジンエアー 免許取り消しの危機免れる=「違法役員」で物議

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【世宗聯合ニュース】韓国の大韓航空を中心とする大手財閥・韓進グループの格安航空会社(LCC)、ジンエアーが航空運送事業免許取り消しの危機を免れた。

韓国国土交通部の金正烈(キム・ジョンリョル)第2次官は17日の記者会見で、違法な「登記理事」(取締役に相当)の在職が物議を醸したジンエアーについて事業免許取り消しの可否を総合的に検討した結果、取り消し処分を下さないことにしたと発表した。ただし、創業家の「パワハラ経営」で批判を浴びたことに対する懲罰的な措置として、新規路線の開設を一定期間許可しないなどの制裁をジンエアーに科す。

 ジンエアーを巡っては今年4月、韓進グループ会長の次女で米国籍を持つ趙顕ミン(チョ・ヒョンミン)氏が2010年から16年にかけ登記理事に就いていたことが明らかになり、違法との指摘が起きた。航空事業法は、「大韓民国国民でない人」は韓国の航空会社の登記役員に就けないと定めている。

 これを受け、国土交通部は2度の聴聞会でジンエアー側の意見を聞き取るなどした後、16日に法律や経営の専門家による諮問会議を開いて免許取り消しの可否に関する最終見解をまとめた。

 会議では、違法行為に対し法を厳格に適用して免許を取り消すべきだとする指摘もあったが、免許取り消しによる従業員の雇用不安、消費者の不便、株主の損失などのマイナス影響を考慮すると免許を維持させる方が利益が大きいとの意見が優勢だったという。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2018年08月17日 13:48
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数356人
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
コロナ防疫レベル2週間据え置き
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]