韓国旅行「コネスト」 韓国人が知らない穴場のグルメスポット…日本人観光客に大人気。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
KONEST
【12/28まで】Jump公演チケット40%OFF!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

韓国人が知らない穴場のグルメスポット…日本人観光客に大人気

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
映画・ドラマ・音楽・化粧品などさまざまなジャンルの韓流で、外国人の満足度が最も高いのは何だろうか。

それは韓国食品、すなわちKフードだ。

今月6月公表された韓国国際文化交流振興院の調査によると、「今後、韓国の該当製品またはサービスを再び購入あるいは利用したいと思う気持ちはあるか」という質問で、Kフードが伝統文化体験や化粧品、電子製品などをおさえて圧倒的な1位を占めた。伝統韓国料理からストリートフードに至るまで、Kフードが世界の人々の舌を満足させているということだ。

辺境扱いを受けていた韓国の食が新たな強者に浮上した理由はさまざまだ。野菜中心の健康食というイメージで、新たに吹き始めた韓流の風が大きな役割を果たした。このおかげでKフードに対する国際的な関心が高まっている。さらに日本人は韓国美食家もよく知らない穴場のグルメスポットを捜し出してこぞって集まっている。進化中のKフード熱風の現場に足を運んでみた。

今月2日、記録的な暑さにもかかわらず、外国人観光客で混み合っていたソウル明洞(ミョンドン)。路上では観光名物の座を獲得したフードトラックが新概念のストリートフードを売っていた。およそ100店舗の明洞フードトラックの中には、日本のお好み焼きや中国の餃子などをそのまま持ってきたようなものあるが、その中には韓国で自主開発されたものもある。

その代表的なものが「へオリカムジャ」だ。明洞入口に足を踏み入れると、長い螺旋状にスライスした揚げジャガイモを売る店が真っ先に目に飛び込んでくる。今や中国や東南アジアのどこでもで目にするようになったこのへオリカムジャは、2006年に韓国中小企業が発明した代表的な新概念Kフードだ。製造方法およびデザインに対する知的財産権も登録済みではあるが、韓国内の屋台で売っているものに関しては目をつぶっている。だが、海外への企業盗用には厳しい姿勢で臨む。実際、中国では長年にわたる訴訟の末に知的財産権の認定を受け、現在では500店舗以上を展開するフランチャイズとして運営されている。

焼きチーズも新概念Kフードの一つで、串にさした任実(イムシル)チーズとモチをあぶったものでコンデンスミルクにつけて食べる。社長のオ・ジェムさんは「焼いたチーズ料理は外国にもあるが、モチと一緒に食べるのは韓国が唯一ではないか」と説明する。オさんが焼きチーズを売り始めたのは2年前。オさんは「初めはあまり売れなかったが、SNS等を通して有名になり、今ではかなり売れるようになった」と説明した。

このようにKフードに対する国際的な関心がますます熱くなっている。何より韓国料理人のレベルアップが一役買った。韓国のグルメスポットやレストランを評価・紹介ているガイドブック「ブルーリボン」のキム・ウンジョ編集長は「昔は該当国出身のシェフがいるレストランの人気が高かったが、最近は韓国人シェフが経営する外国飲食店のほうがおいしい」と話した。韓国で働くイタリア人シェフよりも海外で実力を磨いた韓国人シェフのほうがピザやスパケティもおいしく作るということだ。

世界で旋風を巻き起こしている韓流の力も大きい。2014年韓国人気ドラマ『星から来たあなた』がヒットして、一時「チメク(チキン+ビール)」が脚光を浴びたが今はやや下火になった状態だ。そのかわり、最近はトッポッキが新たなヒット商品として、アジアはもちろん米国や欧州でも大きい関心を集めているという。最高の人気を謳歌するアイドルグループ防弾少年団(BTS)がYouTube(ユーチューブ)を通じてトッポッキ料理を紹介してブームになっているのだ。

韓国料理のグローバル化に尽力してきた韓国イメージコミュニケーション研究院(CICI)のチェ・ジョンファ理事長は「最近、韓国を訪れた英国指導層の妻と娘が、到着するなりトッポッキの店に連れて行ってほしいと言った」とし「防弾少年団の宣伝のおかげということを知ってからは韓流の威力を実感した」と吐露した。

ウェルビーイングのブームで韓国料理の人気も高まった。このため、最近最も脚光を浴びているのはビビンパだという。野菜がたっぷり入っていて、世界的な健康食として通じているということだ。実際、CICIが最近国内に住む外国人と国際関係専門家などを対象に調査した結果、「海外に最も紹介したい韓国料理」1位にビビンパが入った。同機関が2007年から韓国料理に対する意見を調査して以来、これまではプルコギが不動の1位だった。このような状況が、ウェルビーイングブームで韓国料理に関連する人気品目に変化をもたらすことになった。

ビビンパの人気はどこででも実感することができる。大韓航空・アシアナが提供するビビンパが最高の機内食の一つとして認められてからかなり経つ。最近では外国航空会社の国内就航路線はもちろん、フィンエアーやヴァージン・アメリカ等は海外都市間の機内食にもビビンパを導入した。これとあわせて、最近韓国を訪れる観光客が爆発的に増えて国内飲食店に対する関心も大きく高まった。

このような現象を端的に見せる事件が7月に起きた。日本の最高のグルメドラマ『孤独のグルメ』が韓国の飲食店を紹介したのだ。ドラマの主人公がソウルの豚カルビ店と全州ビビンパ店を訪ねてその味を楽しむ様子が日本国内に放映された。韓国内の飲食店に対する日本人の関心が反映されたといえよう。

このような人気はさまざまな結果をもたらしている。韓国人はあまり知らないが、中国の代表的なレストラン評価ガイドの「携程美食林」(以下、美食林)が昨年から韓国の飲食店・レストランに点数を付けてこれをオンラインで紹介している。「中国版ミシュラン」を標ぼうしている同社も、専門的なグルメ評価委員を置いて優れた飲食店に1つから最高まで3つまで星をつけている。また、該当の飲食店には美食林の等級食堂というステッカーを付けるようにしている。

美食林の親会社であり、中国のオンライン旅行会社であるCtripによると、THAAD(高高度防衛ミサイル)事態で中国人観光客が激減する前の2016年は、訪韓客620万人中220万人が美食林ランキングが掲載されたCtripのサイトを参考にしたという。

日本人観光客も韓国内のグルメスポットの検索に敏感なのは同じだ。美食林のようなサイトはないが、一般観光客の意見を集めてランキングにしたサイトが人気を呼んでいる。旅行専門サイト「トリップアドバイザー」日本版が代表的で、ここには日本人観光客が付けた韓国飲食店ランキングがある。

同じように韓国内の飲食店を評価しているが、美食林とトリップアドバイザー日本版には大きな違いがある。美食林も専門家を動員して評価する理由に加え、同じ手法を使うミシュランとランキング順位が酷似している。美食林リストで10位内に入ったレストランは一様にミシュランでも星が付けられている。

一方、日本のランキングはこれとは全く異なる。10位圏内の飲食店のうち、ミシュランで星を獲得したものは正食堂/Jungsik(ジョンシクタン)とRYUNIQUE(リュニーク)の2軒のみだ。残りは韓国美食家さえもあまり知らないスカンジナビア・アフリカ料理店など独特のグルメスポットが高いランキングを記録した。日本人の間で有名な韓国内の隠されたグルメが多いということだ。それだけ韓国内の飲食店に対する国際的な関心が高まったという意味でもある。

前述のチェ理事長は「宮廷料理の神仙炉(シンソルロ)のように、韓国人もあまり食べない伝統料理にこだわるのではなく、ビビンパ・トッポッキ・チメクなど世界の人々が関心を持つ大衆的なKフードを集中的に広報するのも韓国料理のグローバル化に役立つだろう」と診断した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2018年08月06日 14:31

関連記事

PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
チェジュ航空 仁川・釜山―羽田就航
来年はトップ俳優が相次ぎ兵役終了に
アイドルファンの搭乗取消騒動が深刻
ソウル広場のスケート場 21日から
ワナワン再契約なく解散…最終段階へ
日本式カフェが人気…日本庭園に畳に
SHINeeジョンヒョンさん1周忌
ジョングク ハンサムな男性9位に
ソン・ヘギョ キャンペーン写真公開
シルム 文化遺産登録で記念行事
週間アクセスランキング
ソン・ジュンギ、痩せてもイケメ...
18.12.13
釜山でかばん置き引き 日本人を...
18.12.14
アイドルカップル、果敢な愛情表...
18.12.14
最も好きなソウルの観光地ランキ...
18.12.12
2018年を代表する韓国のスター
18.12.14
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2018 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]