韓国旅行「コネスト」 韓国ドラマの制作スタッフが死亡…過労死?。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
KONEST
【予約OK】夏のK-POPイベントをチェック!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

韓国ドラマの制作スタッフが死亡…過労死?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国で現在放映中のドラマ『三十だけど十七です』のスタッフが死亡した。

2日午後、スポーツ朝鮮によると『三十だけど十七です』のフォーカスフロアスタッフのAさんが自宅で亡くなった。

メディアは関係者の言葉を引用して「7月31日と8月1日にはドラマの撮影スケジュールがなかった。だが、7月28日から30日までの記録的な猛暑の中でもドラマの撮影を敢行した」とし「このため、まだ警察の取り調べは完了していないが、日射病など熱中症による死亡あるいは過労による死亡が疑われる状況」と伝えた。

これに関連し、この日午後、青瓦台(チョンワデ、大統領府)ホームページの国民請願掲示板にはスタッフ死亡に関連し、放送製作環境の改善を求める請願文が掲載された。

作成者はホームページを通じて「人がまた死にました。放送ドラマの環境をどうか変えてください」という題名のコメントを載せた。

この人物は「昨日SBSドラマ『三十だけど十七です』の撮影スタッフが家で死亡した」としながら「先月28日、29日、30日の猛暑に連続で撮影をした。暑さに過労も疑ってみなければならない状況だ」と主張した。

続いて「調査は警察がするだろうが、我々スタッフは生きるために働いています。死ぬために働きたくありません。環境を変えてください。どうかお願いします」と訴えた。

これに対し、SBS側関係者は2日、「『三十だけど十七です』のスタッフが死亡した。現在、警察が調べていて警察による死因結果の発表を待っている」と明らかにした。

引き続き「該当スタッフは当時休暇中だった。31日と1日には撮影はなかったが、死亡時間はその時だと推定できる」とし「正確な死因は警察の調査が行われてこそ明らかになると思う」と付け加えた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2018年08月02日 14:54
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
サランちゃん、可愛いハートで登場
2PM&VIXX東京でミュージカル
ソウル、名所舞台のウェブドラマ制作
ジンエアー免許取り消しの危機免れる
EXOフィギュア コンビニ限定販売
猛暑警報解除 秋のような爽やかさ
サッカー韓国57位、日本は55位に
チェジュ航空 9月に済州―福岡線
空から降る一億の星、撮影スチール
末伏を迎え、アライグマも暑気払い
チソン&イ・ボヨン夫婦、第二子妊娠
週間アクセスランキング
闘病中キム・ウビン…長髪にやせ...
18.08.13
元KARAスンヨン、変わらぬ人気
18.08.13
国際線到着エリアに免税店の設置...
18.08.13
チソン&イ・ボヨン夫婦、第二子...
18.08.16
サランちゃん、可愛いハートで登...
18.08.17
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2018 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]