韓国旅行「コネスト」 韓国、2025年に洪水・干ばつ観測用衛星打ち上げ…予算1384億ウォン。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
KONEST
【MGA2018】BTS、TWICE、Wanna One出演!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

韓国、2025年に洪水・干ばつ観測用衛星打ち上げ…予算1384億ウォン

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
洪水・干ばつなど水関連の災害状況を監視する人工衛星を韓国独自の技術で開発し、2025年に打ち上げる。

環境部と韓国水資源公社は2025年の打ち上げを目標に、事業費1384億ウォン(約138億円)の「水資源・水災害中型衛星事業」を推進すると25日、明らかにした。この事業は19日に政府の予備妥当性調査を通過し、環境部が880億ウォン、科学技術情報通信部が504億ウォンを分担する。具体的な開発計画は今年末に決定し、来年初めに国家宇宙委員会の審議を経て本格的に着手する。

国内の技術で開発される今回の「韓国型衛星」は韓半島(朝鮮半島)全域の水資源現況と災害状況を幅広く観測できる。衛星は地上の横・縦10センチの大きさの物体を識別できる映像レーダー(Cバンド、5.4GHz帯域)を搭載し、天候や昼夜に関係なく一日2回観測できる。

特に土壌の水分含有量と浸水・貯水面積など水の管理に必要な水資源情報をモニタリングし、洪水・干ばつ状況を把握できる。

現在は測定分析地点のデータを得るレベルだが、衛星を活用する場合、広い面積に対する広域監視・観測が可能になり、全国的な洪水・干ばつ被害の把握を準リアルタイムで把握できる。また、水資源施設の変動、青潮・赤潮の感知、海洋油類流出事故などの監視、農作物生育の観測などにも活用が可能だ。

これと共に水災害発生危険地域の場合、被害の特性と被害地域を映像地図形態のイメージで表すことができ、効率的な管理と迅速な対応につながる見通しだ。この衛星は北朝鮮の災害に関する情報を把握するのにも役立つと予想される。

衛星搭載体の重さは150キロ以下、観測幅は120キロ以上、運営高度は562キロ、運営期間は4年以上になると、環境部は説明した。

環境部は今回の衛星事業を通じて水災害専用搭載体に関連する技術を確保し、行政安全部と海洋水産部、農業振興庁など複数の部処が関与する複合災難監視システム構築も可能になると期待を表した。

パク・ハジュン環境部水資源政策局長は「今回の事業は水関連の災害に対する先制的な対応を通じて国家災害管理システムを革新する基盤になるだろう」と述べた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2018年07月25日 14:25
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
BTSソウルPR動画が22日公開
AIスピーカーに何を語りかける?
北朝鮮での南北共同鉄道調査
駕牛島、吊り橋を渡って釣りに
仁川成田間大韓航空がLCCより安い
イ・ドンウクとユ・インナ共演ドラマ
朝鮮通信使の展示会、釜山で開催
秋深まる漢拏山
BTOB新曲発表、兵役中メンバーも
板門店・共同警備区域の非武装化へ 
週間アクセスランキング
コ・ヒョンジョン、ダイエットに...
18.10.15
韓国新パスポートのデザインに意...
18.10.16
18日仁川市タクシー全面運行中止
18.10.16
韓国版ドンキ ソウル・明洞にも...
18.10.16
契約解約ヒョナ、体が壊れる程働...
18.10.16
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2018 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]