韓国旅行「コネスト」 KTX解雇乗務員、12年ぶりに正規職として復職。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

KTX解雇乗務員、12年ぶりに正規職として復職

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
13年にわたり闘争を続けてきたKTX解雇乗務員が韓国鉄道公社(コレール)正規職として復職することになった。

全国鉄道労働組合とコレールは21日、解雇乗務員問題解決に向けた労使合意書3項目と付属合意書7項目に合意したと明らかにした。

まずコレールは整理解雇され労働者地位確認訴訟を提起した乗務員を対象に経歴職特別採用を実施することにした。

ただし採用欠格事由があったりコレール本社または子会社に就職した経歴がある乗務員は今回の採用から除外することにした。

採用分野は事務営業(駅務)6級だ。今後コレールがKTX乗務業務を直接遂行する場合には転換配置することにした。

コレールは今年から来年まで人材運用状況を考慮して欠員範囲内で段階的に解雇乗務員を採用する計画だ。

これに先立ち労使は9日から5回にわたって交渉を続けた。16日と20日には夜を徹しての交渉を行い暫定合意に至った。

コレールは解雇乗務員が提起した労働者地位確認訴訟再審手続きが開かれる場合には彼らの権益保護のため協力することにした。また、司法闘争中に死去した乗務員の名誉回復に向け努力することにした。

解雇乗務員はこの日午後2時、座り込みをしていたソウル駅前で記者会見し、闘争経過と交渉結果などを発表した後に2カ月間続いた座り込みを解除した。

鉄道労組側は「今回の交渉を通じて解雇乗務員のコレール直接雇用正規職復職は実現したが、13年間夢見てきたKTX列車乗務員としての復職は依然として課題として残された。解雇乗務員はコレールがKTX乗務業務を直接雇用業務に転換する時まで闘争を続ける予定だ」と明らかにした。

一方、KTX乗務員は2006年3月1日からコレールの直接雇用を要求してストを行ったが、コレールは子会社への移籍を拒否した乗務員280人を同年5月21日付で整理解雇した。

解雇乗務員は2008年10月1日にコレールを相手取り民事訴訟を起こし、同年12月に1審で裁判所はコレールが乗務員の実質的な使用者だとする判断を下した。2審でも同じ結論が出たが、2015年に大法院(最高裁に相当)はこの判決を破棄し乗務員の請求を棄却していた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2018年07月22日 10:11
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
今月29日に BTS特別トーク番組
BTSのJ-HOPE ソロ曲を公開
ネイバー 東大門服の日本販売を支援
小規模事業者など支援金 雇用創出へ
新規コロナ感染者数344人
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
ストレイキッズのヒョンジン活動休止
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
週間アクセスランキング
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
21.02.25
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]