韓国旅行「コネスト」 台風7号、2日午後にも済州上陸…韓国直撃は6年ぶり。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

台風7号、2日午後にも済州上陸…韓国直撃は6年ぶり

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
台風7号が2日午後にも済州道(チェジュド)を打撃すると予想される。台風が韓国を直接襲うのは6年ぶりだ。

気象庁が30日に明らかにしたところによると、台風7号はこの日午前9時に沖縄南南東720キロメートル付近の海上を通過し、2日午前9時には西帰浦(ソグィポ)南南西310キロメートル付近の海上を過ぎると予想される。

済州道は2日午後、木浦(モクポ)をはじめとする韓国南部地方は3日明け方に直接台風の影響を受けると予想される。

ソウルなど韓国中部地方は3日午前から昼間にも台風の影響圏に入るものと気象庁はみている。

現在台風7号の移動速度は時速4~17キロメートル水準だ。しかしその後移動速度が次第に速くなり、2日午前9時ごろには現在より2倍以上速い時速38キロメートルで済州道に向かうとみられる。

台風の大きさは小型を維持するとみられるが、強さは30日午前の弱い水準から午後には中間水準に強まる。

西帰浦南南西約310キロメートル付近の海上に達するとみられる2日午前9時ごろには再び弱い水準に変わるものと気象庁は予想した。

最大風速は30日夜から1日朝にかけ104キロメートルまで強まるが徐々に遅くなり済州道に直接的な影響を及ぼす2日午後には83キロメートル水準になるとみられる。

中心気圧は980~990ヘクトパスカル水準を維持し、3日午前9時ごろには1000ヘクトパスカルに強まる見通しだ。

気象庁関係者は「台風7号が韓半島(朝鮮半島)内陸に入ってくれば弱い温帯性低気圧に変わる可能性が大きい。それでも風が若干弱まるだけで台風と大きな差はないだろう」と説明した。

韓国が台風の直接的な影響下に置かれるのは2012年夏から6年ぶりだ。当時台風18号は勢力は弱かったが済州道と韓国南海岸の一部に影響を与えた。

気象庁関係者は「台風に先立ち週末に強く量が多い梅雨の雨が降るとみられ、山崩れ、築台崩壊、低地帯浸水などの被害が発生しないよう徹底的に備えてほしい」と呼びかけている。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2018年07月01日 10:32
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]