韓国旅行「コネスト」 就職難で学校に残る学生増加、青年の4割が「学生」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

就職難で学校に残る学生増加、青年の4割が「学生」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル19日聯合】青年層の失業率が7%台を維持しているなか、就職難から卒業を遅らせて学校に残る学生が増えている。また青年層が初就職までにかかる時間は短縮したのに対し、勤務条件への不満などで転職するケースが増えたている。統計庁が19日、こうした青年層の就業実態調査結果を明らかにした。
 5月現在、青年層人口は986万3000人で前年同月比2万8000人(0.2%)増加した。このうち学校に在籍する学生は427万3000人で18万5000人(4.6%)増えた。青年層に占める在学生の割合も5月に43.3%を記録し、2005年5月の39.3%、前年同月の41.5%に比べ増加した。青年層の非経済活動人口のうち、就職試験に向け準備しているのは9.9%で前年同月から0.4ポイント低下した。就職試験の準備分野としては一般職公務員が36.9%で最も多かったものの、前年同月からは3.7ポイント低下した。一方、教員採用試験の準備は9.1%で1.2ポイント上昇した。卒業・中退者503万5000人のうち就業者が353万7000人(70.2%)、失業者が27万6000人(5.5%)、非経済活動人口が122万3000人(24.3%)で、経済活動参加率は75.7%、失業率は7.2%となった。

 一方、学校を卒業・中退してから就職するまでにかかる時間は昨年より短くなったが、転職率は上昇したことが分かった。学校を出て賃金労働者として勤務した経験のある460万3000人が初就職までにかかった時間は平均11カ月で、前年同月から1カ月少なくなった。離職経験者は313万9000人で、卒業・中退した青年層人口の62.3%に達し、前年同月から3.2ポイント上昇した。転職理由としては労働条件への不満が42.2%で最も多く、割合も昨年より1.1ポイント上昇した。こうした統計は、労働条件を考慮せず早期に就職した結果、現実への不満が募り転職に至るケースが増えたことを示している。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2007年07月19日 16:40
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
韓国の新規コロナ感染者398人
ワクチンCOVAXから105万人分
文大統領 首席秘書官の辞表受理
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]