韓国旅行「コネスト」 「韓日文学作品交流で過去の痛みも癒せる」…津島佑子氏。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
【Klive】1+1で80%OFFのオトクなチャンス!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 「韓日文学作品交流で過去の痛みも癒せる」…津島佑子氏

「韓日文学作品交流で過去の痛みも癒せる」…津島佑子氏

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
日本の小説にはよく‘軽い’という修飾語がつくが、少なくとも登壇40年を迎えた中堅作家、津島佑子氏の作品は例外だ。 至難の家族史は彼女の小説に生と内面の省察という深みを与えた。

彼女は1947年に東京で生まれた。 日本の20世紀最高の小説家の一人、太宰治(1909−1948)が彼女の父だった。 しかし彼女が生まれた翌年、父は自殺で生涯を終える。 それも母ではなく他の女性と一緒にだった。 13歳の時にダウン症の兄が肺炎で死去し、38歳の時には8歳の息子を失った。

小説家の申京淑(シン・キョンスク)氏と1年間交わした手紙をまとめて昨年出した散文集『山のある家 井戸のある家』(現代文学)でこれについて軽く触れている。 「小説家だった父についてはもう誰にも尋ねられたくはなかった」。

彼女の人生にあふれる死の気運、痛恨の記憶がそのまま込められた作品が、最近国内で出版された『火の山1・2』(文学と知性)だ。 5代の家族史が150年の間に雄壮に展開される。 つらい家族史を打ち明けながら小説を書くことは、彼女にとっては傷を癒す儀式だった。

今回出版されたもう一つの長編『笑いオオカミ』(文学トンネ)は、敗戦直後のジャングルのような日本を背景に繰り広げられる少年と少女の流浪記だ。 両国間に深い歴史的な傷を残した一時代の話だ。

「第1回東アジア文学フォーラム」日本組織委員会副委員長として29日に訪韓した彼女は、この日開かれた記者会見でも「(韓日間に残る過去の歴史問題について)文学が治癒できる部分は明確にあると思う」とし「時間のかかることだが、文学作品の交流を通じてお互いの考えを深く理解し、お互いの傷を癒すことができると確信している」と話した。

津島氏は韓国文学についても関心を持っている。 10余年前の韓日作家会議で韓国の文人に接した後、金芝河(キム・ジハ)氏、趙廷来(チョ・ジョンレ)氏、申京淑氏らの作品を読んだという。 津島氏は「最近は交流が流行のように行われているが、そのほとんどが経済的な価値だけに関心が向けられている」と遺憾を表した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年09月30日 17:44
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 釜山地域のタクシー料金、3年ぶりに値上げ
  • 警察へのわいろ、不法ゲーム場と風俗業者が1、2位占める
  • “メラミン騒動” 犬の飼料にまで及ぶ
  • 日本の高校が初の済州修学旅行、現地高校とも交流
  • <韓日交流祭り>ソウル市共同フェスティバル…歩み寄る韓日
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    金正男毒殺、請負殺人の可能性高まる
    韓国映画、正月映画2作がヒット
    韓国の新小学生、ハングル授業が倍に
    サムスン電子、企業イメージ陥落
    韓国大統領選支持率、文氏がトップ
    冬季種目好きな日本、平昌に関心高い
    TWICE、初の単独コンサート開催
    イ・ミンホのファンミに6千人歓声
    倉本裕基、3月来韓コンサート開催
    忠清南道で観光商品を開発
    週間アクセスランキング
    マートに行ったチョン・ジヒョン
    17.02.16
    T.O.P陸軍訓練所入所写真を公開
    17.02.16
    最近流行の韓国女性の化粧法は?
    17.02.17
    韓服姿で卒業式
    17.02.16
    韓国に来た羽生、キム・ヨナ並み...
    17.02.15
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]