韓国旅行「コネスト」 <フィギュア>金妍兒のショープログラムは「ゴールド」。韓国のスポーツニュース
KONEST

<フィギュア>金妍兒のショープログラムは「ゴールド」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
‘フィギュアの妖精’金妍兒(キム・ヨナ、18、軍浦スリ高)が新しいショープログラムを発表した。

金妍兒のマネジメント社であるIBスポーツは30日、「金妍兒の今季の新しいショープログラムは、米国の女優兼歌手リンダ・エダーが02年に発表した曲‘ゴールド’に決まった」と明らかにした。

金妍兒は昨季のショープログラム「オンリー・ホープ」とともに2つのプログラムを準備し、今季ともに使用することにした。

IBスポーツ側は「ゴールド」の選定理由について、「シーズン最初の大会が迫る時点まで悩んだが、結局、振付師デビッド・ウィルソン氏の推薦曲を選ぶことになった」とし「ショートやフリーに比べて準備期間は短いだけに、振付師の意見を反映しながら曲の解釈における選手の負担をできるだけ減らそうとした」と話した。

金妍兒は「ゴールド」について「個人的に女性歌手の曲が好きだということもあるが、それよりも振付師のウィルソン氏がリンダ・エダーを好んでいるので、すでに2度も彼女の曲を使用することになった。 ゴールドはオンリー・ホープに比べてクライマックスがはっきりしていて、全体的に力のある感じがする。 オンリー・ホープは昨シーズンに見せたショープログラムのうち最も愛着がある曲なので、もう一度使うことにした」と明らかにした。

ウィルソン氏は「金妍兒の芸術的な感受性を最もよく表現できると同時に、ショープログラムにふさわしく観客が気楽に没入できる曲を選択しようとした」と説明した。

リンダ・エダーは昨シーズンの金妍兒のショープログラム「ワンス・アポン・ア・タイム」を歌った歌手で、国内フィギュアファンにもよく知られている。

これでショート(サンサーンスの交響詩「死の舞踏」)とフリー(リムスキー・コルサコフの「シェヘラザード」)に続いてショープログラムまでも決まり、10月23日に米エバレットで開かれるISUグランプリ1次大会「スケートアメリカ」を控え、シーズンプログラムの選定をすべて終えた。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年09月30日 19:00
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
釜山ワンアジアフェス1300万視聴
韓国の新規コロナ感染者463人
中小企業44%が「コロナで二極化」
INFINITEソンジョン兵役終了
新海誠監督のアニメ映画 全作上映へ
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
ソウルなど全国各地に黄砂危機警報 
韓国人「幸福度」コロナ第2波時最低
済州航空日本線の取消変更1回無料に
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]