韓国旅行「コネスト」 最高裁長官「かつての誤った判決、申し訳ない」。韓国の政治ニュース
KONEST

最高裁長官「かつての誤った判決、申し訳ない」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
李容勳(イ・ヒョンフン)最高裁判所長官が軍事政権時代の誤った判決について謝罪した。

李最高裁長官は26日、最高裁で開かれた「司法60周年記念式典」で、「この60年間、自慢できることばかりあったわけではない。権威主義の体制が長引き、裁判官が毅然(きぜん)たる姿勢を守れず、憲法の基本的な価値や手続き上の正義に背く判決が言い渡されたこともあった」と話した。

李長官は「司法府が国民の信頼を取り戻し、新しく出発するためには、ひとまずかつての過ちをそのまま認め、反省する勇気と努力が必要とされる。この席を借りて、司法府が憲法上の責務を忠実に完遂できず失望と苦痛を与えた点についてお詫びの言葉を申し上げたい」と述べた。

李長官は就任直後の05年9月、裁判所の判決に関連し、過去の歴史の真相を究明したい、という意向を表明している。最高裁は李長官の指示で「軍事政権時代に誤った判決を下している可能性のある事件」224件を選び出した。

しかし最高裁は、これらの諸事件に対する再審(裁判所が確定した判決に誤りがある点を受け入れ、改めて裁判を行うこと)が行われる場合、判決に影響を与えうるという理由から、事件の目録は発表しなかった。

李長官はこの日の祝辞で「(かつての誤った判決を正す)最も原則的かつ効果的な方法は、再審の手続きを踏むことだ」という認識を表した。再審を通じて判決内容を改めた事例として▽民族日報事件▽人民革命党再建委員会事件▽全国民主青年学生総連盟事件−−などを挙げている。

式典には、李明博(イ・ミョンバク)大統領、金炯オ(キム・ヒョンオ)国会議長、李康国(イ・カングク)憲法裁判所長官、金慶漢(キム・キョンハン)法務部長官らが出席した。
 
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年09月27日 11:53
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]