韓国旅行「コネスト」 渦中の大韓航空専務 LCC役員は違法?当局が調査へ。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
KONEST
【12/28まで】Jump公演チケット40%OFF!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

渦中の大韓航空専務 LCC役員は違法?当局が調査へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【世宗聯合ニュース】韓国・大韓航空の趙顕ミン(チョ・ヒョンミン)専務(34)が米国籍を持つにもかかわらず、大韓航空の格安航空会社(LCC)ジンエアーの「登記役員」(その他非常勤取締役・社内取締役)を務めたことは違法と指摘されている問題で、国土交通部が調査を開始する方針だ。航空事業法と航空安全法は、「大韓民国国民でない人」は韓国の航空会社の登記役員に就けないと定めている。同部は趙氏が大韓航空の役員として経営に関連した主要な決定を下すことに違法性がないかも調べる。

同部関係者は17日、「趙専務が過去にジンエアーの登記役員を違法に務めた疑惑などに対し、事実関係の確認を要求する公文書をきょうジンエアーと大韓航空に発送する予定だ」と伝えた。

 趙氏は2010年3月26日から16年3月28日までジンエアーの登記役員を務めたことが、同社の登記簿謄本と金融当局の電子公示システムで確認されている。ジンエアー側はこれを認めた上で、「事情を正確に把握するのは難しいが、問題視される可能性があることから、16年に登記役員から外したようだ」と話した。

 趙氏は大韓航空を中核とする財閥、韓進グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の次女。大韓航空で広告担当の専務を務めるが、広告代理店の社員の顔に水をかけるなどパワハラをしたとする疑惑が報じられ、会社は警察の調査結果が出るまで趙氏に本社待機を命じ、専務の業務から外した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2018年04月17日 11:20

関連記事

PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ソウルのタクシー基本料金が値上げへ
2018年を代表する韓国のスター
アイドルカップル、果敢な愛情表現
チョン・ソミ、雪の中で美しい横顔
ジュンス、ミュージカル出演の近況
釜山でかばん置き引き 日本人を送検
ことしの検索語、韓国の1位は?
江南のビルを崩壊直前まで放置
東大門…偽造品販売でEUの監視対象
2018年を輝かせた俳優・女優は?
週間アクセスランキング
日本の人気漫画 韓国でドラマ化
18.12.10
ソン・ジュンギ、痩せてもイケメ...
18.12.13
イ・ドンゴン夫婦 娘の顔露出に...
18.12.10
韓国の新婚夫婦の年間所得
18.12.11
最も好きなソウルの観光地ランキ...
18.12.12
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2018 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]