韓国旅行「コネスト」 日本映画『いまあい』、4月19日韓国で再公開…リメーク作ヒットの影響。韓国の芸能ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
KONEST
【10月限定】弘大B-BOY公演チケット70%OFF
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

日本映画『いまあい』、4月19日韓国で再公開…リメーク作ヒットの影響

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
日本映画『いま、会いにゆきます』が4月19日、韓国で再公開される。

『いま、会いにゆきます』が4月19日の再公開が確定され、女優ソン・イェジン、俳優ソ・ジソブ主演の韓国リメーク作『いま、会いにゆきます』のブームを続ける。

『いま、会いにゆきます』は1年後、雨の季節に戻ってくるという約束を残して亡くなった母・澪(竹内結子)がすべての記憶を失ったまま、再び家族の前に現れる奇跡のような瞬間を描いたロマンスだ。

100万部以上の販売記録を塗り替えた市川拓司のミリオンセラー小説を原作とし、日本現地で公開当時ボックスオフィス1位席巻および7週間ボックスオフィスのトップ10入りを維持して400万人の観客突破とともにロマンスブームを起こした作品だ。

堅実な物語と、日本を代表する女優の竹内結子と俳優の中村獅童の切ない演技で観客に幸せな余韻と深い感動を与えて話題を集めた。

特に、3月14日に韓国で公開されたソン・イェジン、ソ・ジソブ主演の韓国リメーク作『いま、会いにゆきます』が封切り3週目に入った今でも200万観客を突破し、多くの観客から愛されており話題を集めている。韓国リメーク作のヒットと共に原作に対する関心が高まり、今回の再公開でもう一度映画ファンたちの熱い反応を受けるものと期待されている。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2018年03月30日 16:57
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
防弾少年団、所属事務所と7年再契約
北朝鮮芸術団ソウル公演10月開催?
キム・ジス、泥酔状態でインタビュー
BTS参加で無料チケットが高額取引
イ・ジョンソクにとって最も大きな人
幸福度調査、最も高いのは30代
コン・ユ映画でチョン・ユミと夫婦役
金浦空港国内線ターミナル装い新たに
ユナ、寒い天気にも隠せない美脚
18日仁川市タクシー全面運行中止
週間アクセスランキング
中国女優脱税ソン・スンホンに飛...
18.10.12
チン・セヨン 日本初ファンミが...
18.10.12
韓国版「一億の星」視聴率下落が...
18.10.12
コ・ヒョンジョン、ダイエットに...
18.10.15
韓国新パスポートのデザインに意...
18.10.16
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2018 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]