韓国旅行「コネスト」 平昌五輪開催地に500万人訪問…外国人観光客は米国、日本、中国の順。韓国のスポーツニュース
KONEST

平昌五輪開催地に500万人訪問…外国人観光客は米国、日本、中国の順

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)期間に平昌・江陵(カンヌン)・旌善(チョンソン)など開催地を訪れた観光客と競技観衆が500万人を超えたことが分かった。

江原道(カンウォンド)によると、五輪が行われた2月9日~25日に開催地の競技観衆141万2000人、文化行事54万8000人、地域祭り156万8000人など500万7000人が訪問したと集計された。

韓国人観光客が全体の78%に達する390万5000人、外国人観光客は110万2000人と22%を占めた。特に、外国人観光客の訪問水準は昨年2月の1カ月間、この地域を訪問した外国人観光客数の14倍に達する。米国、日本、中国、カナダ、ドイツ、イタリアの順(五輪チケット公式旅行会社・ATR基準)だ。

地域別では氷上競技が開かれた江陵地域の平均流動観光客が多かった。1日平均で江陵地域は17万人、雪上競技が開かれた平昌は9万人余り、アルパイン競技を行った旌善は3万人余りなど開催地1日平均で約29万人が訪問した。特に、開会式前後に週末と旧正月連休期間には35万人以上が競技観覧および観光地を訪れたことが分かった。

国内外観光客のほとんどが競技観覧だけでなく、周辺観光地、文化行事などと結び付けた旅行をした。

国内観光客は競技のチケット不足で競技を観覧しない時にもK-POPをはじめ、様々な文化行事、地域祭り、五輪パークを訪れたと分析された。外国人観光客は競技場周辺の観光地や文化行事、広報館を多く訪れた。

彼らは文化行事の水準と観光地満足度に関連して言語、サービスなどで大きな満足感を示したことが分かった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2018年03月05日 16:07
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者658人
きょうから都市部で制限速度引き下げ
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
南陽乳業に「株価操作」の声
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
パクソジュンら主演映画クランクイン
ハイライトが来月3日にミニ盤発表
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
ユン・ヨジョン英アカデミー賞受賞
21.04.12
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]