韓国旅行「コネスト」 <平昌五輪>「スケートママの暴露」…メダルのための犠牲要求が問題に。韓国のスポーツニュース
KONEST

<平昌五輪>「スケートママの暴露」…メダルのための犠牲要求が問題に

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
氷上種目で、特定選手の成績のために相手チームのけん制役を果たすペースメーカー作戦に対して論争が起きている。

26日、韓国メディアのソウル新聞は、自分の息子が李承勲(イ・スンフン)の「タンク」(ペースメーカー)をして運動を辞めることになったあるスケート選手の母親Aさんのインタビューを通じてペースメーカーが金メダル集めに利用されていると報じた。

同紙の報道によると、Aさんは「息子に李承勲を4冠にするためのミッションが与えられた」とし「息子がレース初盤に飛び出して他の選手のスタミナをあらかじめ消耗させておくと、力を温存しておいた李承勲がレース後半に後ろから追い上げていく」と説明した。

また「特定選手のための犠牲を強要し、これに従わない場合には選手を排除する慣行まであった」と強調した。

今回の平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)で初めて正式種目に採択されたマススタート競技で、チョン・ジェヨン選手がペースメーカーの役割を果たし、李承勲選手が金メダルを獲得した。レース後、チョン・ジェヨン選手は「犠牲という表現よりもチームプレーだったと言いたい」とコメントした。

Aさんは今回のマススタート試合を見て「まだそのようなやり方(=ペースメーカー作戦)を通している」とし「(将来のための経験とは言うが)チョン・ジェヨンも4年後どうなっているか分からない。その時になってみないと分からないのではないか」と嘆いた。

これについて、フリージャーナリストのパク・クォンイル氏はこの「スケートママの暴露」記事に対して「意味がないわけではないが、問題の核心を突いているのかどうか疑問」としながら「タンク作戦はトップに立つ1人のために残りの選手が献身し、犠牲になるやり方を言うが、そのようなやり式で行われるスポーツはマススタートだけにとどまらない」と述べた。

パク氏はサイクルロードレースを例にあげて、「マススタートやサイクルでもそれほど大きな違いはない。エースが仲間の献身で力を温存し、勝負所で一気に決める戦略が有効」と強調した。パク氏は「マススタートで選手の犠牲を要求するのを非難するのは難しいと思う」としながら「レースの性格がそうである以上、非難するなら競技の進め方そのものを非難するべき」と話した。

最後にパク氏は「問題の本質はエースと犠牲になる選手とに役割が分担される状況ではない」とし「氷上連盟とメディアはその分担過程が公正かつ透明で、さらに合理的かどうかをまず考えなければならない」と強調した。

一方、スピードスケート国家代表チームのペク・チョルギ監督(56)は、特定選手の成績のために犠牲になった選手が多いという「スケートママの暴露」の内容に対して全面的に否定している。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2018年02月27日 13:58
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
I.O.I 約束通り5周年に再集結
テミン、5月31日に軍楽隊入隊へ
韓国の新規コロナ感染者549人
5月から世界のマックでBTSコラボ
Apinkがデビュー10周年
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
ソウルで設立10周年の記念写真展
チェ・テジュン来月18日服務終了へ
昨年のアサヒビール輸入額が7割減
韓国ラッパーのイ・ヒョンベさん死去
週間アクセスランキング
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.04.16
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]