韓国旅行「コネスト」 ソウル広場と清渓広場で「韓日祝祭」開催へ。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ソウル広場と清渓広場で「韓日祝祭」開催へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国と日本のおよそ50の公演団から約1000人が参加する「韓日祝祭ハンマダン2008 in Seoul」が今月27日と28日の2日間にわたって、ソウル市庁前のソウル広場と付近の清渓(チョンゲ)広場で開かれる。

「色とりどりの韓国、色とりどりの日本」というテーマの下、27日午後3時に開催されるこの祝祭では▽塩光(ヨムグァン)鼓笛隊の演奏▽「B−Boy」の公演――などが行われる。

開幕式は同夕6時30分、韓日両国の政財界の人物が出席する中「金徳洙(キム・ドクス)サムルノリ(韓国伝統の打楽器による演奏など)グループ」の公演で始まる。歌手ユンナとタイナカサチが祝賀ステージを披露する。

メーンイベントを見てみると、28日午後4時には無形文化財でありながらも普段接しにくかった「北?獅子ノリ」(鬼を追い払うための小正月の遊び)と「康翎(カンリョン)面踊り」(仮面劇の一種)が公演される。

同午後6時には日本の重要無形民俗文化財「秋田竿燈」をソウルのど真ん中で観覧することができる。300年以上も受け継がれてきた秋田竿燈は、日本の東北地方を代表する伝統の祭り。秋田市から来た竿燈会のメンバーらは高さ約10メートルの竿燈を額やてのひら、腰の上にのせ、竿が倒れないようにする妙技を見せながら町の安寧と豊作を祈る。

秋田竿燈の行列に続き、韓国の「プリペ(根のグループ、という意)芸術団」と、日本のパフォーマンス・グループ「バチ・ホリック(BATI HOLIC)」が共同で打楽器の公演を行う予定だ。

イベントの最後は、会場の観客と出演者が手をつないで「カンガンスルレ」(円状に並び、くるくる回りながら踊る韓国伝統の集団舞踊)を踊りながら来年を約束する。そのほか韓日小中高校生の音楽、舞踊の公演が各地で繰り広げられるなど各種のイベントが観客の目と耳を楽しませる予定だ。

今年で4回目を迎える韓日祝祭ハンマダンは、05年に両国が宣布した「韓日友情の年」を記念し初めて開催されて以降、毎年9月ソウルで開かれている。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年09月18日 12:14
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]