韓国旅行「コネスト」 ハリウッド映画、釜山・済州地域で撮影。韓国の芸能ニュース
KONEST

ハリウッド映画、釜山・済州地域で撮影

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
釜山(プサン)がハリウッド映画のロケ先として誘致に成功した。

釜山映像委員会と国内映画制作会社のATMモーションワイドは1990年代末のハリウッドヒット作『ビバリーヒルズ・ニンジャ』の続編『ビバリーヒルズ・ニンジャ2』が10月6日に済州市東門(チェジュシ・トンムン)市場でクランクインすると16日、明らかにした。

今までハリウッド映画が韓国で撮影する案を何回か検討していたことはあったが、実際に撮影が行われるのは今回が初めてだ。『ビバリーヒルズ・ニンジャ2』の制作と投資をATMモーションワイド社が引き受けることで韓国の映画制作力の水準をさらに高める契機になると期待されている。

ATMモーションワイド社は全体予算を70~80億ウォン(約6億5000万~7億4000万円)台に策定した『ビバリーヒルズ・ニンジャ2』を韓国(70%)と米国(30%)で撮影する。また韓国ロケの半分以上を釜山で撮影し、釜山国際映画祭の期間中の10月4日に釜山で監督と俳優が出席する大規模な制作発表会を行う。

釜山映像委員会のイ・サンウォン事務局長は「国内資本が投入され、ほかの都市よりも優れた撮影システムを兼ね備えている釜山が最終的に選ばれた」と話している。またイ事務局長は「ハリウッドのメジャー配給社の名声が一役買えば、今後、海外作品のロケーション誘致は地域において産業的な波及力も持つようになるだろう」と述べた。

昨年、映画とドラマ(86本)が釜山で撮影されており、計98億1800万ウォン(9億2000万円)もの資金が落とされている。経済的な波及効果は437億ウォン(約44億4800万円)にのぼった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年09月18日 07:45
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]