韓国旅行「コネスト」 自分の通帳に何と91億ウォンも…。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

自分の通帳に何と91億ウォンも…

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「USD10,025.57」

6月29日午後3時ごろ、インターネットで外貨預金口座を照会したチェさん(36)は驚いた。 25ドルしかなかった残高が1000万ドル(約92億ウォン)にも増えていたからだ。 モニターの数字を何度も確認した。 残高は間違いなく1000万ドルだった。

チェさんは1時間前、蔚山(ウルサン)の友人から「借りていた1万ドルを送金する」という連絡を受けていた。 その1万ドルが1000万ドルになっていたのだ。

チェさんは一瞬思った。 このお金を国内・海外の口座に移してしまえば銀行としては取り戻しにくいはずだ。 しかしチェさんは銀行の連絡を待つことを決心した。 「偶然で金を儲けようとしてはいけない」というチェさんの良心が許さなかったという。

午後5時ごろ、電話が鳴った。 チェさんが受話器をとると、銀行の女性職員が涙声で話し始めた。 送金額の入力ミスでキーボードの「カンマ(,)」キーを1回多く押したということだった。 銀行ではカンマを押せば「0」3つが同時に入力される。 このため送金額が1万ドルではなく、1000万ドルになったということだった。

チェさんは「少しの間、大金が手中にあったということだけでもうれしく思うことにし、取引の取り消しに同意した」と語った。

数日後、職員は10万ウォン(約1万3000円)相当の花瓶をチェさんに送った。 1000万ドルを素直に‘あきらめた’ことに対する感謝の気持ちだった。

A銀行蔚山支店側は「一度口座に入金されてしまうと、それがミスだとしても、本人の同意がなければ取引を取り消すことはできない」とし「チェさんの協調に感謝している」と明らかにした。

15日、チェさんはこうした経験をインターネットブログに載せた。

パク・ユミ記者


COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年07月17日 13:35
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
ストレイキッズのヒョンジン活動休止
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]