韓国旅行「コネスト」 ソウルの景観損なう建物の建設認めない(1)。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ソウルの景観損なう建物の建設認めない(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
来年からソウルで、周りの景色と調和しない建物を建設するのが難しくなる。

また夜間の照明と広告の色、明るさもガイドラインをもとに規制される予定だ。

ソウル市は16日、こうした内容を盛り込んだ「基本景観及び夜間景観計画」を作り、来年から施行すると発表した。

基本景観計画によると、必ず保全が必要とされる景観要素がある区域は「基本管理区域」に指定され、うち主要地域は「重点管理区域」に定められる。基本管理区域は▽都心の4大門の内側▽内四山(ソウルを構成する4つの山。北岳、仁王、南山、駱山)の周辺▽漢江(ハンガン)沿いの付近−−などに指定される予定だ。

同地域では今後建物を建てる場合、視野を混乱させる透明な素材、反射または発光性の素材などを使いにくくなる。重点管理区域には▽世宗路(セジョンノ)、明洞(ミョンドン)、南大門(ナムデムン)市場▽北漢山(プッカンサン)、冠岳山(クァンアクサン)など自然緑地エリア▽清渓川(チョンゲチョン)▽景福宮(キョンボックン)、北村(ブクチョン)付近−−などが含まれるものとみられる。

同区域で建物を建てる際には、周辺の地形と調和できるよう、建物の高さと配置などが規制される。これまで市は地区単位の計画を立てる場合や16階以上のビルに対してのみ周辺景観を考慮するよう勧めていたが、市全体を対象に景観に配慮した誘導指針を作ったのは今回が初めてだ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年09月17日 12:18
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者614人
12日から施設内マスク常時着用義務
ユン・ゲサン漫画原作ドラマ主役に
首都圏でコロナ検査強化の行政命令へ
LINE ジスとキャラクター開発
5人以上の集まり禁止3週間延長
BTS MV再生9億回超4作目
ソウル市 月2で肉無し学校給食
韓国サッカー FIFA順位下がる
AZ製ワクチン 接種見合わせ
週間アクセスランキング
女優オム・ジウォン、結婚7年で離婚
21.04.07
ハ・ジウォンが画家に すでに売却も
21.04.07
「重版出来!」韓国版ヒロイン決まる
21.04.05
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]