韓国旅行「コネスト」 17年ぶりに生まれ変わった弥勒寺跡石塔。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

17年ぶりに生まれ変わった弥勒寺跡石塔

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国で最も大きく古い石塔である全羅北道益山(チョンラブクド・イクサン)の弥勒寺址(ミルクサジ)石塔(国宝11号)が補修工事を終え姿を表わした。2001年10月に解体補修工事に入ってから17年ぶりだ。解体だけで10年かかった。3000個あまりの石をひとつずつ取り外し、大きさや形などを記録した。日帝強占期である1915年に注入されたセメントは歯石除去用機械ではがした。補修作業は築造当時の材料を最大限活用したが、新しい部材も使った。過去の石と新しい材料をチタン棒で接合し、石の隙間は無機質材料で埋めた。2層目までは斜面対称で組み立て、3~6層目までは東側と北側の一部だけ補修した。流失しセメントを塗り重ねた部分は石を積み上げた。国立文化財研究所のキム・ヒョンヨン学芸研究家は「仮設プレハブを撤去し補修のために設置したコンクリート床を無振動で除去するのに時間がかかる。10月には完全に復元された弥勒寺址石塔を見られるだろう」と話している。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2018年02月04日 12:01
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]