韓国旅行「コネスト」 日本での新韓流ブーム 美容・ファッションへと広がる。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

日本での新韓流ブーム 美容・ファッションへと広がる

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】人気グループの防弾少年団やTWICE(トゥワイス)などから始まった新たな韓流ブームが日本の美容やファッションに影響を与え始めている。

大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が25日までに公開した資料によると、2016年の日本の化粧品市場は前年比2.9%増加した2兆4715億円を記録した。このうち韓国化粧品の輸入額は約1億8000万ドル(約197億円)で過去最多だった。

 2017年1~9月に日本は韓国のメーキャップ化粧品を前年同期比10.5%増の26億8000万円、スキンケア製品は同14.6%増の100億円輸入した。そのため17年は16年の記録を更新するとKOTRAは予想した。

 この2年で日本の若者の間で韓国の美容用品が再び人気を呼び、韓国企業の日本進出が増えている。

 KOTRAは製品の効能とコストパフォーマンスが良ければ、有名ブランドだけでなく中小ブランドも韓流ブームを背景に善戦できると強調した。

 また美容における韓流ブームは10~20代の若者層の間で、ユーチューブやインスタグラムなどのSNS(交流サイト)を通じて広がっているとし、日本の消費者から見て珍しく、ほかにない韓国化粧品が多く選ばれていることを、日本進出を目指す企業は念頭に置く必要があると指摘した。

 ファッションの分野でも韓流ブームは良い方向に作用している。

 16年の日本の衣類市場は前年比約1.5%減の9兆2202億円となったが、インターネット通販は好調で、シェアを拡大している。

 特にスマートフォン(スマホ)などによるモバイル通販の利用経験者が10~20代では90%に達するなど若者層がネット通販市場の成長をけん引している。

 KOTRAはインターネットショッピングモールを中心に韓国ファッションの人気が急上昇しており、今年も人気が続く見通しであるため、この機会を生かすべきだと指摘した。

 また「流行に敏感な消費者を狙い、韓国ファッションの洗練されたイメージをアピールすることが重要だ」とし、「日本で韓国ファッションは流行をリードするという認識ができたため、韓国のストリートファッションをトレンドとして確立させなければならない」と強調した。

 さらに「韓国のファッションは現在、10~20代の女性を中心に人気があるが、年齢層を広げたり男性をターゲットにしたりしても成功する可能性は十分ある」とし、「洗練されたイメージを強調して積極的に日本市場を攻略しなければならないだろう」と分析した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2018年01月25日 08:30
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者672人
BTSイベント 視聴者270万人超
きょうから都市部で制限速度引き下げ
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
南陽乳業に「株価操作」の声
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
パクソジュンら主演映画クランクイン
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]