韓国旅行「コネスト」 琉球王国の遺物が済州へ、国立博物館で特別展。韓国の芸能ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
江陵日帰り旅行で伝統祭&グルメ&ロケ地を満喫!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 芸能 > 琉球王国の遺物が済州へ、国立博物館で特別展

琉球王国の遺物が済州へ、国立博物館で特別展

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【済州13日聯合】国立済州博物館が17日から来月26日まで、日本・沖縄県の那覇市歴史博物館から琉球王国の遺物240点余りを借り受け、特別展「耽羅と琉球王国」を開催する。済州博物館が13日に明らかにした。
 琉球王国は現在の沖縄県・首里を首都に15世紀から約450年間にわたり存在した国で、韓国や中国などと活発な海上交易を行い輝かしい文化遺産を再創造した。かつて耽羅国があった済州島とよく似た歴史を持つ。

 展示されるのは、琉球王家代々に受け継がれ日本の国宝に指定されている遺物から、陶磁器3点や歴史書「中山世譜」、漆器や陶磁器などの伝統工芸品、14~16世紀の海上交易品など。特に「癸酉(みずのととり)年高麗瓦匠造」と彫られた瓦は琉球王国成立直前に渡った高麗人が作ったもので、高麗と琉球の間に交流があったことを示す重要な資料とされる。

 琉球王国の遺物はこれまで海外展示などを行ったことがなく、沖縄県側も高い関心を持っているという。このほか、沖縄県立芸術大学教授、全北大学教授らによる琉球王国に関する特別講義なども行われる。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2007年07月13日 13:46
韓国の芸能のニュース     もっと見る 
  • 兵務庁、PSY「現役入営対象」に決定
  • 「韓国の本で見るチャングムの世界」都立中央図書館で
  • Rain「ワールドツアー取消」、米国で訴えられる危機へ
  • シン・ヘソン、日本初の単独ツアー完売へ
  • シン・ウンギョン、左目失明していた
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    韓国、イングランドに惜敗
    非正規雇用問題、民官見解対立
    今週末は全国的に晴れ
    既得勢力に一撃!新ドラマ制作発表会
    セウォル号、自死の教頭は出航に反対
    朴前大統領弾劾後35億ウォン使用か
    TWICE、TT動画再生2億回突破
    不法滞在の外国人4カ月連続増
    文大統領、異見を出すのは義務
    週間アクセスランキング
    俳優カップル2年交際から22日結...
    17.05.22
    Apinkチョン・ウンジの体型話題
    17.05.23
    俳優キム・ウビン 鼻咽頭がんを...
    17.05.24
    ハン・ヘジン、野球選手と熱愛説
    17.05.24
    「ソウル路」2日で25万人が歩く
    17.05.22
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]