韓国旅行「コネスト」 女性スパイ元正花被告、初公判で公訴事実認める。韓国の政治ニュース
KONEST

女性スパイ元正花被告、初公判で公訴事実認める

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
女性スパイ元正花(ウォン・ジョンファ、34)被告に対する初公判が10日、水原地裁310号法廷で刑事11部(裁判長シン・ヨンソク部長判事)で開かれた。

7月、拘束されてから公開された場所に姿を現すのは初めてだ。

法廷に立ち入った元被告人は裁判部の認定尋問が始まると名前と生年月日、居住地を小さく、震えた声で答えた。判事が「検察側の公訴事実を認めるか」という質問に「はい」と答えた。続いて「裁判部に転向書を提出したが、転向書の内容は本人の意思から書かれたものか」と問うと再び「はい」と短く答えた。

元被告人は9日「北朝鮮に生まれたのが罪です。また生きて行く機会をくださるのなら自由民主主義の大韓民国で一生ざんげしながら生きていきます」という内容の転向書を裁判部と捜査検事に提出した。

元被告人は認定尋問を終えた後、スパイ活動について列挙する検察の公訴事実を聞きながら泣き始めた。赤くほてった顔と頬から涙がすっと流れた。

この日公判は検察が261件にのぼる証拠の要旨を読んで証拠物を申請する手続きを最後に1時間後、終了した。

この日、水原地裁には日本の放送局も衛星中継(SNG)車が配置されたほか、国内メディアはもちろん外信記者まで60人余りが殺到した。また日本のテレビ朝日などが法廷撮影を申し入れてきたが「国家安全保障と秩序維持次元で許容しない」と棄却された。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年09月11日 07:47
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
済州で放流のウミガメ ベトナム定着
元B.A.Pメンバーセクハラで実刑
コロナが変えた なりたい職業1位
ジェニーとGDに熱愛報道 
エアソウルが高松・米子上空巡る飛行
新規コロナ感染者3日ぶり400人越
コロナ最前線の医療陣に賃金未払い
ヒョナ 校内暴力の疑惑を否定
済州島の人気展示館 ソウルにも開業
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
週間アクセスランキング
国民7割 コロナワクチン「接種」
21.02.19
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
映画「ミッションポッシブル」が首位
21.02.19
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
2,30代「ワクチン後もマスク」
21.02.19
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]