韓国旅行「コネスト」 ソウル市庁舎、撤去中に「史跡に仮指定」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ソウル市庁舎、撤去中に「史跡に仮指定」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
82年にわたる歴史を持つソウル市庁本館ビルを原形のまま保存するのか(文化財庁)、ビル一部を解体した後で復元するのか(ソウル市)、という問題をめぐり、対立が深まっている。

ソウル市は26日午前、重装備を動員してビルの裏側にある太平(テピョン)ホールを撤去する工事に着手した。太平ホールは安全診断の結果、D級の判定を受け、安全に問題があることから、解体後に建物の中央ホールの3、4階に復元する、という計画だった。

これを受けて文化財庁は同午後、緊急文化財委員会(近代文化遺産分科と史跡分科)を開き、近代登録文化財(52号)の市庁本館を「国家指定文化財の史跡」に仮指定した。正式な手続きを踏んで史跡に指定する前に、臨時に取った措置だ。

これによりソウル市は即刻工事を中断しており、今後、文化財庁長の承認なしではソウル市が独自に判断して市庁本館を撤去できなくなった。

ハン・ヨンウ文化財史跡分科委員長は「現在、撤去が進行中の緊急状況である点を考慮し、即刻の工事中止命令とともに撤去、破壊された文化財の早期復元措置を議決した」と話した。

これに対しキム・ヒョスソウル市住宅局長は「文化財委員会がソウル市の立場を全く反映せず一方的な決定を下し、非常に遺憾に思う」とし「史跡仮指定の決定は受け入れられない。法的対応を含むあらゆる方策を講じ、厳しく対応する」という立場を明らかにした。

ソウル市庁本館は日本による植民支配時代(1392~1910年)の1926年、京城府庁舎として建設以来、ソウルを象徴するランドマークとなっていた。ルネサンス様式で作られた鉄筋コンクリート造りの地上4階ビルで、20~30年代の建築様式と技術力を表すものとして評価されている。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年08月27日 10:37
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]