韓国旅行「コネスト」 朴被告の弁護団全員が辞任届 年内の判決困難に。韓国の政治ニュース
KONEST

朴被告の弁護団全員が辞任届 年内の判決困難に

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】収賄罪などに問われている韓国前大統領、朴槿恵(パク・クネ)被告の弁護団7人は16日、ソウル中央地裁が同被告の勾留延長を認めたことに抗議し、全員が辞任届を提出した。このまま辞任すれば、公判の審理日程への影響は不可避とみられる。

ソウル中央地裁は13日、「証拠隠滅の懸念があり、拘束の理由や必要性、相当性が認められる」として、検察が求めていた朴被告の勾留延長(最長6カ月)を認めた。

 朴被告の弁護団の柳栄夏(ユ・ヨンハ)弁護士は16日に同地裁で行われた公判で「被告のためのいかなる弁論も無意味という結論に至り、全員辞任することにした」として辞任届を提出。地裁は迅速な公判の進行のため、辞任届を撤回するよう要請した。

 刑事訴訟法は被告が3年以上の懲役か禁固刑に該当する事件で起訴された場合、弁護人がいなければ裁判は開けないとしている。弁護人がいない場合は裁判所が国選弁護人を選任しなければならない。

 ただ、弁護人が交代する場合、10万ページを超える膨大な捜査記録や裁判進行状況などを把握しなければならず、審理が大幅に遅れるのは必至だ。

 地裁は「未決勾留日数が増えるなど被害は被告に回るしかなく、事件の実態究明も遅れる」として、慎重な対応を求めた。

 地裁は弁護団が辞任届を提出したことを受け、17日に予定されていた公判は開かず、次回の公判を19日に行うことにした。19日までに弁護団が辞任届を撤回するか、朴被告が新しい弁護人を選任しない場合は国選弁護人を指定する方針という。

 ただ、国選弁護人で公判を続ける場合、審理は当初の予定より遅れ、年内の判決は事実上困難になる見通しだ。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2017年10月16日 12:58
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
BTSのツアー映画 米授賞式で受賞
韓国国防部、将兵への粗末給食認める
21日 次期防疫レベルを発表
文大統領 民主主義、コロナ克服に
韓国の新規コロナ感染者528人
鬼滅の刃 累積観客200万人突破
BTS 米番組のコンサートで一番手
AZ製ワクチン接種の50代警官死亡
IUが総額5億ウォンを寄付
ロッテ免税店ネット会員が70万人増
週間アクセスランキング
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
21.05.14
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
21.05.12
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.05.14
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]