韓国旅行「コネスト」 “雇用の受け皿”のサービス業まで不況のあおり受ける。韓国の経済ニュース
KONEST

“雇用の受け皿”のサービス業まで不況のあおり受ける

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
生計型、企業型を問わずサービス業種の求職市場が揺れている。原油高、ウォン安、物価高の三重苦で製造業、建設業分野の雇用が減少している中、それでも雇用の受け皿だったサービス業種の雇用が不況のあおりを受け始めている。

統計庁によると、サービス業の新規雇用は7月に前年同月に比べ、29万7000人増にとどまった。

韓国経済研究院の許賛国(ホ・チャングク)委員は「サービス業の雇用ショックは現在進行形だ」と診断している。許委員は「製造業分野で雇用の創出が厳しい状態でサービス業まで崩れれば、雇用先を創出する場所が無くなってしまう」と話す。

韓国開発研究院(KDI)は下半期にサービス業の雇用がさらに減少するとみている。“製造業不振と物価高→消費委縮→サービス業沈滞→雇用減少”の悪循環が激しくなるという話だ。サービス業は2000年代以降、“雇用なき成長”の傾向が著しい韓国で就職難を和らげる作用を果たしてきた。

産業研究院の李建雨(イ・コンウ)研究委員は「サービス業界の構造調整が避けられない」と診断している。「雇用を増やすなら、観光、情報通信、物流、流通のようなサービス業種を優先的に育ててこそ、建設業や製造業分野にまで雇用の波及効果が生まれる」とし「初期投資財源の足りない業者と政府が共同研究をし、関連業界にしばらく税制の面で配慮しなければならない」と話している。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年08月26日 08:55
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]