韓国旅行「コネスト」 朴槿恵前政権の「労働改革」の柱を撤回 「社会的混乱招いた」。韓国の政治ニュース
KONEST

朴槿恵前政権の「労働改革」の柱を撤回 「社会的混乱招いた」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【世宗聯合ニュース】韓国雇用労働部は25日、所管機関のトップを集めた会議を開き、実績が低調な従業員の解雇を認める指針と就業規則の変更要件を緩和する指針の撤回を決定した。両指針は朴槿恵(パク・クネ)前政権が昨年1月に発表した「労働改革」の柱だが、1年8カ月で撤回となった。

雇用労働部は、両指針の導入過程で労使間の協議が十分なされず、社会的なコンセンサスが得られないまま一方的に推進した結果、労働組合の全国組織である韓国労働組合総連盟(韓国労総)が政労使の委員会から脱退するなど、あつれきを招いたと指摘。指針の適用でも労使対立や民事・刑事訴訟などの混乱が続いたことから、撤回を決定したと説明した。

 同部関係者は「社会的な対話に戻るための糸口をつかめると期待する」と述べた。

 労働界は実績が低調な従業員の解雇を認める指針を「安易な解雇」とし、就業規則の変更要件を緩和する指針は事業主が従業員に不利な労働条件を導入しやすくする「労働改悪」だと強く反発してきた。韓国労総は両指針の撤回を要求し、真っ先に解決すべき課題の一つに挙げた。

 新政権の発足後、両指針の撤回は時間の問題とみられていた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が指針撤回を大統領選の公約に掲げ、金栄珠(キム・ヨンジュ)雇用労働部長官も就任前の人事聴聞で撤回を約束していたためだ。

 この日の会議ではまた、労働災害の予防、不当な労働行為の根絶、賃金不払いの防止・清算の解決にも積極的に取り組むことにした。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2017年09月25日 09:56
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
新規コロナ感染者数406人
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
大型アップルストア汝矣島にオープン
T-ARAジヨン殺害脅迫受け捜査求
元X1スンヨン、自作曲で来月カムバ
韓国ワクチン第1号接種者はだれ?
移送中に適正温度外れ、ワクチン回収
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]