韓国旅行「コネスト」 秋夕物価、小麦粉や豚肉は昨年より50〜90%高く。韓国の経済ニュース
KONEST

秋夕物価、小麦粉や豚肉は昨年より50〜90%高く

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル22日聯合】とどまるところを知らない物価上昇のため、小麦粉や豚肉、果物など秋夕(旧盆)用の料理を準備する家庭では昨年より相当多額の支出を強いられる見通しだ。
 農林畜産物関連商品の購入・開発、販売などを行う農協流通が22日に農林水産食品部に報告した秋夕物価安定対策資料によると、秋夕を25日後に控えた20日現在、農協流通が運営する農協ハナロクラブの売り場では、秋夕料理用の食材でもある豚肉ミンチが100グラム当たり890ウォン(約91円)と、昨年の秋夕25日前に比べ50.8%高い値段で販売されている。豚の前足部分とバラ肉も1年前に比べそれぞれ49.7%と53.3%上昇した。鶏肉は850グラムが4850ウォンで、7.8%上がった。

 また、米国産牛肉の輸入により産地での韓牛(韓国在来種の牛)価格は弱含みにもかかわらず、流通・加工段階のコストやマージンが相当部分を占める流通構造のために牛肉価格も簡単には下がっていない。2等級のプルコギ用牛肉100グラムが前年比4.3%増の2400ウォンとむしろ上がり、1プラス等級のカルビ(アバラ肉)も100グラム当たり5600ウォン前後でそれほど変わりはない。

 特に秋夕料理で多用される小麦粉の場合は、国際穀物価格暴騰のあおりで1キログラム当たりの値段が890ウォンから1700ウォンへ1年で91%上昇した。果物価格も今年は例年より早く秋夕がくるために値動きが激しく、リンゴは5キログラムで4万1000ウォンと1年前より10.8%高く、ナシは7.5キログラムが3万2000ウォンで8.5%上がっている。

 食料品のこうした物価不安は秋夕まで続く見通しだ。農協流通は、リンゴとナシは昨年の秋夕の価格帯より5~10%高い水準になると予想する。鳥インフルエンザの影響で出荷量が減った鶏肉は23.5%、卵は18.2%まで上がる可能性がある。一方、カルビセットやイシモチは昨年と同程度、ハクサイやネギなどの野菜類は生産が好調でむしろ2割程度下がると分析している。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2008年08月22日 09:57
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]