韓国旅行「コネスト」 「出産絶壁ショック」 韓国の人口減少が10年早まる可能性も。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「出産絶壁ショック」 韓国の人口減少が10年早まる可能性も

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国の上半期の出生数が20万人以下に落ちた。過去初めてだ。統計庁は、このような傾向が続けば人口が減少し始める時点が当初の予想だった2032年よりも10年ほど前倒しになるものとみている。

23日、統計庁によると、ことし1~6月の出生数は合計18万8500人で上半期基準で過去最低を記録した。21万5000人だった昨年上半期と比較すると、2万6500人(12.3%)も減少した。6月ひとつきに生まれた子どもも2万8900人で同月基準で最低となった。

可妊期女性(15~49歳)1人が一生のうちに出産する子供の平均を表した合計特殊出生率も下落している。4-6月期の合計特殊出生率は0.26人で、年間基準に単純換算すると1.04人となる。このような傾向が続けば、歴代最低だった2005年の1.08人を下回る可能性がある。このような「出産絶壁」が近づけば、既存の人口見通しも修正が避けられなくなる。

統計庁人口動向課のイ・ジヨン課長は「統計庁の『将来人口推計(2015~2065)』では人口減少開始時点が2032年になっているが、出生数がこのまま伸び悩めばこの時点が2024年になりうるものとおおよそ判断できる。だが、ことし上半期の出生傾向を考慮すれば、人口が減少する時期が2020年代前半に早まるものとみられる」と述べた。

専門家は少子化問題を解決するためには総合的な対策が必要だと指摘する。育児政策研究所のクォン・ミギョン政策研究室長は「少子化は出産・養育支援だけでなく雇用・住居・青年就職などさまざまな社会問題の改善されてこそ解決することができる」と述べた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2017年08月24日 15:28
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国入り脱北者 前年の7割減
東京五輪まで100日 韓国の目標は
BTSジミンの衣装 オークションに
ポン・ジュノ監督、米憎悪犯罪に言及
サムスン電子が大規模な中途採用実施
BTS日本曲ビルボードチャート入り
JYPが手がけるITZYの新曲
韓国の新規コロナ感染者731人
失業率悪化も、就業者数はプラスに
ユン・ヨジョン、授賞式前に思い語る
週間アクセスランキング
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
歌手オ・ジョンヒョク、12日に結婚
21.04.08
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]