韓国旅行「コネスト」 キム・グギョン、10秒24…「韓国初」世界陸上100m準決勝へ。韓国のスポーツニュース
KONEST

キム・グギョン、10秒24…「韓国初」世界陸上100m準決勝へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「韓国のスプリンター」キム・グギョン(26、光州広域市庁)が世界陸上選手権大会男子100メートルで準決勝進出を決めた。韓国選手では初めてだ。

キム・グギョンは5日、英ロンドンオリンピックスタジアムで行われた2017国際陸上競技連盟(IAAF)世界選手権大会男子100メートル予選第5組の競技で10秒24をマークした。2人が抜けた第5組のレースで6人中3位だったキム・グギョンは各組上位3人が進出できる準決勝に進むことになった。韓国選手が世界陸上選手権で男子100メートル準決勝に進出するのは初めて。

キム・グギョンは第3レーンで競技を行った。第5レーンには米国のベテランスプリンター、ジャスティン・ガトリンがいた。第5組の競技は2度もスタートが遅れた。第2レーンのキャスタン・ブレッドマン(トリニダードトバゴ)がスタート直前に手をあげて注意を受けたのに続き、第9レーンのトランド・ロト(南アフリカ)が不正スタートで失格になったからだ。

にもかかわらずキム・グギョンは落ち着いていた。スタートの反応速度から違った。0.107と完ぺきに近いスタートを切った。キム・グギョンは60メートル地点まで1位だった。しかしその後、ガトリンとアンドリュー・フィッシャー(バーレーン)に抜かれ、ブレッドマンにも追われた。厳しいレースだったが、キム・グギョンはかろうじて3位を守って決勝ラインを通過した。ガトリンが10秒05で1位、フィッシャーが10秒19で2位。ブレッドマンは10秒26でキム・グギョンとは0.02秒差だった。一次目標としていた準決勝進出を成し遂げた瞬間だった。

キム・グギョンは6月27日、コリアオープンで国内最高記録の10秒07をマークした。今回は自己3度目の世界選手権出場となる。2011年の大邸(テグ)大会は資格予選で失格、2015年北京大会は予選落ちと苦杯をなめたキム・グギョンに「三度目の失敗」はなかった。大会前には「もう経験を積むことだけに満足しない」と約束した。大会の競技時間に合わせてシミュレーション練習もし、イメージトレーニングもした。そして約束を果たした。

今大会の男子100メートル予選は6組まで編成され、各組上位3人と残りの選手のうち記録が良い6人が準決勝に進出する。キム・グギョンは準決勝に進出した24人のうち24番目の記録だ。

今大会を最後に現役を引退するウサイン・ボルト(ジャマイカ)は100メートル予選第6組1位(10秒07)で無難に準決勝進出を決めた。100メートル準決勝は6日午前3時5分に行われる。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2017年08月05日 15:29
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
GFRIENDが事務所との契約終了
新規コロナ感染者654人
即席麺の特需終了か 営業益が各社減
SHINeeテミン新譜にコメント
BTSのツアー映画 米授賞式で受賞
韓国国防部、将兵への粗末給食認める
21日 次期防疫レベルを発表
文大統領 民主主義、コロナ克服に
BTS 米番組のコンサートで一番手
AZ製ワクチン接種の50代警官死亡
週間アクセスランキング
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
21.05.14
IUが総額5億ウォンを寄付
21.05.17
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
21.05.12
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]