韓国旅行「コネスト」 <インタビュー>ソテジ「世界的なロックフェスを作りたい」。韓国の芸能ニュース
KONEST

<インタビュー>ソテジ「世界的なロックフェスを作りたい」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル14日聯合】4年6カ月ぶりに韓国音楽界に復帰したソテジが、ソウル・蚕室野球場前の特設会場で14~15日の2日間、復帰公演「ETPFEST(Eerie Taiji People Festival)」を行う。14日の公演には国内からクラジクワイ・プロジェクト、クライングナット、エピックハイ、日本からダイシダンス、モンド・グロッソらが、15日の公演はソテジと米ミュージシャンのマリリン・マンソン、モダンロックバンドのデス・キャブ・フォー・キューティー、日本のドラゴン・アッシュがそれぞれ出演し、熱いステージを繰り広げる。
 フェス開幕前日の13日、ソテジがマリリン・マンソン、デス・キャブらとともにソウル市内のホテルで記者会見を行った。以下はソテジとの一問一答。

――4年ぶりのETPFESTだが、どのような内容になるのか。

「都心型ロックフェスがやりたかった。きょうのリハーサルで初めてステージを確認したが、かっこよくてサウンドも良かった。今後、わたしが出演しなくても毎年開催されるよう努力するつもりだ。世界に出しても恥ずかしくないグローバル・ロックフェスにしたい。良い公演にするために努力すれば、ウッドストック・フェスティバルのようになる日も来るはずだと思っている」

――そうそうたるミュージシャンが出演するが、選定基準は。

「韓国のファンが見たいと思うバンドをメインに出演を依頼した。交渉は大変だったが、成功してうれしい」

――ソテジが選ぶ、人生最高のミュージシャンは。

「中学時代に音楽を初めた時、コピーしたのが(韓国のロックバンド)トゥルグックァで、音楽活動初期に最も影響を受けた。モトリー・クルーも面白いしファッショナブルだ。音楽に対する態度を学ぶことができるピンク・フロイドも挙げたい」

――マリリン・マンソンにエンディングを譲ったが。

「最初から当然だと考えていた。わたしが企画したロックフェスだが、当然、マリリンがやるべきだ」

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2008年08月14日 11:12
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者614人
12日から施設内マスク常時着用義務
ユン・ゲサン漫画原作ドラマ主役に
首都圏でコロナ検査強化の行政命令へ
LINE ジスとキャラクター開発
5人以上の集まり禁止3週間延長
BTS MV再生9億回超4作目
ソウル市 月2で肉無し学校給食
韓国サッカー FIFA順位下がる
AZ製ワクチン 接種見合わせ
週間アクセスランキング
女優オム・ジウォン、結婚7年で離婚
21.04.07
ハ・ジウォンが画家に すでに売却も
21.04.07
「重版出来!」韓国版ヒロイン決まる
21.04.05
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]