韓国旅行「コネスト」 【取材日記】政権が変わっても依然として残っている韓国教育部の積弊。韓国の政治ニュース
KONEST

【取材日記】政権が変わっても依然として残っている韓国教育部の積弊

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「胸ぐらをつかまなかっただけでヤクザ同然だった」

「言うことを聞かないと資金源を締めるというのが大学の自律なのか」

先月19日、教育部の高位幹部との懇談会に参加した大学入学処長が吐き出した不満だ。懇談会は「今年から大学入試の選考料を引き下げる」という文在寅(ムン・ジェイン)大統領の発言(13日)にしたがって後続措置を設けるために教育部が用意した席だった。出席の対象は大学入試選考料の収入が多い25校の大学処長。

当時、懇談会を主催した教育部管理は「大学自律」を強調しつつも「選考料の引き下げに参加しなければ実態点検の対象に選ばれるだろう」と脅したという。今年の選考料引き下げ率を政府の財政支援事業に反映するという計画も明らかにした。ある私立大学の入学処長は「遠まわしに言われたが、結局選考料引き下げを強要する雰囲気だった」と伝えた。

教育部は先月27日にも担当課長が大学関係者たちを招集して似たような内容を再度呼びかけた。

そのうえに、教育部は各大学に4日までに選考料引き下げ計画を提出することを求めるともに「25%削減」を例示した公文書まで送った。「例示それ以上も、その以下でもない」というのが教育部の釈明だが、この話をそのまま信じる大学関係者は事実上いない。

ソウル地域のある私立大の入学処長は「相当の大学が25%を『ガイドライン』と受け止め、他の大学の顔色をうかがっている」と話した。

大統領が大学入試の選考料引き下げのような具体的事案に対して政策指示を行うことが妥当かどうかというう問題はさて置きたい。教育部はとにかく大統領の指示を最大限履行しようと努力するしかないだろう。

だが、その方式が問題だ。現政権で「積弊」と挙げられる過去政府の強圧的形態と変わらないためだ。教育部は李明博(イ・ミョンバク)政府時代の国立大学長の直選制廃止、朴槿恵(パク・クネ)政府時代の大学定員縮小などを各種政府支援事業に連携して押しつけた。政府が手に握って揺さぶる札束の前に大学は屈服した。

依然として「自律」を前面に出しているが、実際に財政支援を武器に大学を締めつける形態がまったく変わっていない。現政権の「大学自律性の強化」という約束にも一致しない。

いくら良い趣旨の政策だとしても「一方通行」や「脅迫」では効果的に推進することが難しい。大学現場と緊密に疎通して最善の道を模索する新しい姿の教育部が切実に求められる。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2017年08月02日 16:28
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]