韓国旅行「コネスト」 韓国人が最も多く飼っている犬と猫は?。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国人が最も多く飼っている犬と猫は?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国の伴侶動物の中で最も多く飼っている犬は「マルチーズ」品種だということが分かった。猫の中では「コリアンショートヘア」が1位を占めた。

KB金融経営研究所は全国の大人1500人を対象にアンケート調査を実施した結果に基づき、「2017伴侶動物飼育実態調査」報告書を1日、発表した。

報告書によると、伴侶動物を飼っている世帯のうち82.5%は犬を飼っていることが明らかになった。

品種別に見ると、1位はマルチーズで、全体の伴侶動物世帯の31.4%を占めた。その次は、プードル(18.1%)とシーズー(10.6%)が後に続いた。

伴侶動物家世帯の中で16.6%は猫を飼っていることが分かったが、品種別に見るとコリアンショートヘアが33.1%と最も多かった。ペルシャは(10.5%)とロシアンブルー(9.8%)が2・3位を占めた。

報告書は、韓国で伴侶動物を飼っている世帯は全世帯の30.9%、約590万世帯で伴侶動物を飼っているとされると伝えた。

地域別では、全南(チョンナム)と済州(チェジュ)が38.0%と最も高い飼育率を見せており、忠南(チュンナム)(37.1%)と釜山(プサン)(34.3%)が後に続いた。特に、ソウルは27.9%と、平均飼育率(30.8%)に及ばなかった。

特に▼40~50代▼2人以上の世帯▼一戸建ての住宅居住▼子供の教育期以降の世帯▼金融資産や所得が高い世帯--などが伴侶動物を飼う割合が高いことが分かった。

伴侶動物に対する認識では、動物を飼う世帯と動物を飼ったことがない世帯との差が大きかった。「ペッチケット」(ペット+エチケット)がよく守られているとみるかとの質問に飼育世帯の52.1%が「そうだ」と答えたが、動物を飼ったことがない世帯では16.6%だけが同意した。

「伴侶動物は家族の一員だ」という考えに対しても飼育世帯では86.8%が賛成したが、非飼育世帯では46.8%だけが賛成の意思を明らかにした。

今回のアンケート調査は、KB金融経営研究所が全国大人男女1500人を対象に今年5月23日から26日まで4日間実施した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2017年08月02日 13:53
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]