韓国旅行「コネスト」 判決のテレビ中継許可へ 朴前大統領絡む事件も対象。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

判決のテレビ中継許可へ 朴前大統領絡む事件も対象

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の大法院(最高裁)は25日に判事による会議を開き、法廷傍聴や撮影などに関する規則を8月1日付で改定し、一審と二審の判決公判のテレビ中継を認めることを決めた。

裁判長が許可すれば、贈賄罪などに問われているサムスン電子副会長、李在鎔(イ・ジェヨン)被告や、収賄などの罪に問われている前大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告らに対する宣告を中継で視聴できるようになった。

 被告の同意を得なくても、裁判長が公共の利益にかなうと判断した場合、判決の中継が認められる。

 これまで韓国の裁判所は同規則に基づき、公判や弁論の開始以降は録音や中継などを認めてこなかった。だが、「裁判の審理と判決は公開する」とする憲法第109条に反するとの指摘が出ていた。

 とりわけ、朴前大統領が裁判にかけられ、国民の知る権利など公共の利益のために判決の中継を求める世論が高まったことを受け、大法院は規則改定の検討に入った。

 大法院の法院行政処が裁判官約2900人を対象に実施したアンケート調査では、回答者1013人中67.8%にあたる687人が裁判長の許可がある場合は裁判の一部もしくは全てを中継することに賛成した。

 大法院は判決公判だけを公開することにしたが、中継制度の様相や結果などを見極め、中継を認める公判の範囲を広げる可能性もある。

 憲法裁判所は全ての弁論を撮影し、2~3日後にホームページに掲載しており、憲法裁に対する国民の信頼を大きく高めたとの評価を受けている。一審・二審と異なり、大法院は2013年から重要事件の公開弁論をオンラインで生中継している。

 海外では米国の大多数の州やオーストラリア、ニュージーランド、英国、イタリア、国際刑事裁判所(ICC)などで中継を認めている。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2017年07月25日 15:23
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]