韓国旅行「コネスト」 元中日・宣銅烈氏 野球韓国代表の初代専任監督に。韓国のスポーツニュース
KONEST

元中日・宣銅烈氏 野球韓国代表の初代専任監督に

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国野球委員会(KBO)は24日、2020年の東京五輪まで野球韓国代表を率いる専任監督に、韓国プロ野球史上最も優れた投手とされ、日本の中日ドラゴンズでも活躍した宣銅烈(ソン・ドンヨル)氏(54)が就任することを決めたと発表した。専任監督は、チームの安定運営と効率的な選手選抜・管理を目指し新たに導入された制度だ。

 宣氏は11月16~29日に東京ドームで開催される韓国と日本、台湾の代表チームによる「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」でデビューし、18年のジャカルタ・アジア大会、19年の世界野球プレミア12、20年の東京五輪と、国際大会で韓国代表の指揮を執ることになる。

 宣氏は「国を代表する韓国代表チーム監督に選任され、大変な責任を感じる」としながら、「代表チームの構成と戦略に連続性を持たせ体系的に運営し、国際大会で優秀な成績を収めることができるよう最善の努力を尽くす」と抱負を述べた。

 現役時代は「国宝級の投手」と呼ばれた。1985年に韓国プロ野球ヘテ・タイガース(現・起亜)でプロ入り。95年までの11シーズンで146勝40敗、132セーブ、防御率1.20。96年に日本球界に移り、99年まで中日で10勝(4敗)98セーブを挙げた。

 指導者に転身後は、2005~10年にサムスンライオンズ、12~14年に起亜の監督。また、06年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)、15年のプレミア12、17年のWBCなどでも韓国代表の投手コーチを務めた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2017年07月24日 11:13
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
BOF パークコンサート出演者決定
ソウル市長 政府と異なる防疫方針
ブラックピンク 登録者数世界2位に
スター着用衣装など 韓服展示会開催
ユン・ヨジョン、授賞式前に思い語る
韓国の新規コロナ感染者542人
政府 コロナへの特別対策を策定
新型コロナ流行の「第4波」警告
イ・ジュニク監督新作 週末興行1位
BTS17日にイベント無料配信
12日から屋内でマスク常時着用
週間アクセスランキング
女優オム・ジウォン、結婚7年で離婚
21.04.07
ハ・ジウォンが画家に すでに売却も
21.04.07
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]