韓国旅行「コネスト」 腐敗根絶に動く文政権 朴前政権の不正も視野に。韓国の政治ニュース
KONEST

腐敗根絶に動く文政権 朴前政権の不正も視野に

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が不正・腐敗の根絶に動き出し、その方向性も徐々に明らかになりつつある。

最初のターゲットとするのは防衛産業の不正だ。文大統領は17日、監査で発覚した韓国製機動ヘリコプター「スリオン」の開発・戦力化を巡る不正を批判し、厳重な捜査と対策樹立を指示した。これを受け、青瓦台(大統領府)は18日、監査院や検察の幹部とともに防衛産業の不正根絶に向けた関係機関協議会を開き、対策を議論する。

 検察は、スリオンの開発を手掛けた防衛産業大手、韓国航空宇宙産業(KAI)の不正疑惑の捜査に集中する方針だ。特に、KAIが2013年から14年にかけ社員用として購入した商品券のうち、使途が確認されていない17億ウォン(約1億7000万円)分の行方が注目されている。政界では、この商品券が軍の幹部や政界・官界の大物に渡ったとの見方もある。

 青瓦台で司法行政を監督する民政首席秘書官室と政務首席秘書官室から先ごろ見つかった、朴槿恵(パク・クネ)前政権下で作成された大量の文書も、文政権の反腐敗の動きを加速させる見通しだ。

青瓦台報道官は17日、政務首席秘書官室から見つかった前政権の文書1361件のうち、大統領秘書室長の首席秘書官会議での指示をまとめたものと確認された254件の大まかな内容を公表した。

 この中にはサムスングループの経営権継承支援に関するもの、政権に批判的な文化・芸術界関係者らをリストアップした「ブラックリスト」に関するもののほか、旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年末の韓日合意や14年4月の旅客船セウォル号沈没事故、教科書の国定化などに関するものがあり、報道官は「適法ではない指示が含まれている」と説明した。

 これら文書は、朴槿恵被告(サムスンからの収賄罪などで起訴)の親友の崔順実(チェ・スンシル)被告による国政介入事件の直接的・間接的な証拠として使用される可能性がある。文書の波及力によっては、大々的な粛正につながることも考えられる。

 文大統領は17日、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権下の04年に設置された「反腐敗関係機関協議会」を復活させ、国の反腐敗政策を担当させる方針を示した。盧政権時の規定では、同協議会は大統領を議長とし、検察や警察、国税庁、金融監督当局などあらゆる捜査・監督機関が参加することになっており、文大統領は自ら腐敗根絶の陣頭指揮を執る考えとみられる。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2017年07月18日 14:37
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
BOF パークコンサート出演者決定
ソウル市長 政府と異なる防疫措置
ブラックピンク 登録者数世界2位に
スター着用衣装など 韓服展示会開催
ユン・ヨジョン、授賞式前に思い語る
韓国の新規コロナ感染者542人
政府 コロナへの特別対策を策定
イ・ジュニク監督新作 週末興行1位
BTS17日にイベント無料配信
12日から屋内でマスク常時着用
週間アクセスランキング
女優オム・ジウォン、結婚7年で離婚
21.04.07
ハ・ジウォンが画家に すでに売却も
21.04.07
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]