韓国旅行「コネスト」 建国60周年8・15特赦…30万人以上が対象。韓国の政治ニュース
KONEST

建国60周年8・15特赦…30万人以上が対象

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
今日発表…鄭夢九、金昇淵会長が審査の対象

政府は12日、閣僚会議を開き、企業家、生計型経済犯罪、懲戒公務員など30万人以上を対象に建国60周年8月15日特別赦免を実施することにした。政府の高位関係者は11日、「今回の8月15日特赦は経済復興と庶民経済活性化のために、大規模に行われる」と話した。また、ほかの政府関係者は「経済人、政治家、公職者、庶民の経済犯罪が対象だ」とし「原則的に労働、公安犯人は今回の赦免から除外される」と説明した。法務部はこの日、赦免審査委員会を開き、最終審査を行った。

法務部の赦免審査対象には鄭夢九(チョン・モング)現代(ヒョンデ)自動車会長、崔泰源(チェ・テウォン)SK会長、金昇淵(キム・スンヨン)ハンファグループ会長が含まれていることが伝えられた。政治家の中には韓光玉(ハン・グァンオク)元新千年民主党代表、権寧海(クォン・ヨンヘ)元安全企画部長、朴昌達(パク・チャンダル)元議員、慎久範(シン・クボム)元済州道知事、キム・ウンヨン元大韓体育会長ら約10人が恩恵を受けると発表された。彼らのほかにも、経済復興の次元で中小企業家らが相当数含まれるものと伝えられた。

軽い犯罪で経済活動に制約を受けている庶民経済犯罪や懲戒を受けた公務員も含まれる。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)の関係者は「鄭夢九、崔泰源、金昇淵会長は法務部の赦免案に含まれても、最終的には大統領が決める事案だ」と話している。

鄭夢九会長は今年6月に刑が確定され、まだ2カ月しか経っていないうえ、宣告された社会奉仕命令300時間もまだ終えていない。このため、特赦対象から外される可能性もあり得る。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年08月12日 10:54
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]