韓国旅行「コネスト」 額は広くて鼻口部が細長い純粋血統の済州犬、天然記念物に挑戦。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

額は広くて鼻口部が細長い純粋血統の済州犬、天然記念物に挑戦

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
額は広くて鼻口部(マズル)が細長く、尻尾は巻かずに真っすぐ立っている。毛は太く、耳は三角形の立ち耳となっている。済州道(チェジュド)原産「済州犬」の特徴だ。

このような済州犬の天然記念物に挑戦する。済州道は11日、「済州犬を珍島(チンド)犬とサプサル犬、慶州(キョンジュ)トンギョンイなど、他の韓国原産の犬ように国家指定文化財天然記念物に指定するため、準備作業に着手した」と明らかにした。

天然記念物登録は、体系的な管理を通じて犬種を保全することで済州犬の価値を高めるために行われる。済州道は2000年代に入り、済州犬の遺伝子分析を通じて他の犬種との関係などについて研究してきた。

済州犬は5月、国立畜産科学院の遺伝子分析結果、純血度が高いことが分かった。珍島犬とサプサル犬など、韓国内で他の犬と交雑されていない純粋血統と分析された。専門家らは済州犬が陸地から離れた島で生存してきたのが純血度を高めてきたと見ている。

成犬になった済州犬の体長は49~55センチ、体重12~16キロで、珍島犬と似ている。聴覚や臭覚が優れ、アナグマ・キジなどの猟犬として優れた資質を備えているという評価だ。根気と勇猛性も抜群で、敏捷な行動でも評価されている。

専門家らは済州犬が3000年前に中国から渡ってきたものと見ている。日帝強制占領期と6・25韓国戦争(朝鮮戦争)などを経て毛皮用と食用で使われ、ほとんどが消えた。その後、雑種交配が多く行われ、純粋な血統を持つ済州犬は稀になった。

これを受け、済州道畜産振興院は済州犬の血統保存に着手した。1986年、済州全域で純粋な済州犬3匹を探して育成したのがその始まりだ。現在、畜産振興院には65匹の済州犬が飼育されている。

済州道畜産振興課のキム・デチョル事務官は「済州犬の天然記念物登録に向け、過去の文献と資料などを収集する一方で、専門家サービスを準備している」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2017年07月12日 14:51
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]