韓国旅行「コネスト」 『26年』生存中の元大統領を扱った暗殺映画制作へ。韓国の芸能ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
江陵日帰り旅行で伝統祭&グルメ&ロケ地を満喫!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 芸能 > 『26年』生存中の元大統領を扱った暗殺映画制作へ

『26年』生存中の元大統領を扱った暗殺映画制作へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
 元大統領の暗殺を扱った映画の制作が企画され、韓国映画界の内外から大きな注目を集めている。

漫画家カン・プル氏の漫画を原作に『26年』(仮題、青於藍、イ・ヘヨン監督)が主演俳優のキャスティングを終え、まもなく制作に着手する。

朴正煕(パク・チョンヒ)前大統領の殺害事件を扱った『ユゴ−大統領有故』(2004)があったが、今現在、生存している元大統領の暗殺を扱った映画が制作されるのは国内初だ。『26年』は光州(クァンジュ)民主化運動が勃発してから26年が経過した時を指しており、2006年に漫画の単行本として出版され、大きな話題になった。

ストーリーは軍事独裁政権に抵抗する事件が起きた当時、戒厳軍によって命を失った、市民の家族らが事件の元凶として目されている元大統領の暗殺計画に加担するという内容だ。当時、戒厳軍に母親と父親のそれぞれを失った射撃の韓国女性代表選手、シム・ミジンとのチンピラ、クァク・ジンベが主人公として登場する。ミジンは射撃用の銃器を人命殺傷用に改造し、元大統領を狙う。

ここに戒厳軍に姉を殺され警察官になったクォン・ジョンヒョクと、暗殺劇を計画した戒厳軍出身の事業家キム・ガプセが登場する。キム・ガプセは当時、無実の市民を殺したという罪責感に悩まされ、暗殺劇を首謀する。ジンベ役はリュ・スンボムの出演が決定した状態で、ハン・サンジン、チングらが共演する予定だ。

映画の中で元大統領は「その人」として描かれる。実名は出されないが、誰が見ても特定人物を連想させる。映画の中の狙撃対象が暮らしている場所として延禧(ヨンヒドン)洞が登場し、路地声明と反乱首謀者、5.18住民虐殺容疑で陜川(ハプチョン)から連行され、法廷に立つ姿などがリアリズムを高める要素として登場する予定だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年08月08日 13:59
韓国の芸能のニュース     もっと見る 
  • [芸能]「いい奴、悪い奴、変な奴」、観客600万人記録
  • <インタビュー>3枚目ミニアルバム発売のBIG BANG
  • [芸能]新人グループA’ST1、日本で初のショーケース
  • キム・ハヌル、ダニエル・ヘニーがデート?
  • <北京五輪>スーパージュニアのハンギョン、聖火リレーで感激
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    SISTARラストシングル発売へ
    韓国政府G7対北朝鮮メッセージ歓迎
    韓国東部沖で北朝鮮の木造船3隻発見
    北朝鮮の金剛山観光、再開に期待
    韓国、イングランドに惜敗
    非正規雇用問題、民官見解対立
    今週末は全国的に晴れ
    既得勢力に一撃!新ドラマ制作発表会
    セウォル号、自死の教頭は出航に反対
    TWICE、TT動画再生2億回突破
    週間アクセスランキング
    俳優カップル2年交際から22日結...
    17.05.22
    Apinkチョン・ウンジの体型話題
    17.05.23
    俳優キム・ウビン 鼻咽頭がんを...
    17.05.24
    ハン・ヘジン、野球選手と熱愛説
    17.05.24
    「ソウル路」2日で25万人が歩く
    17.05.22
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]