韓国旅行「コネスト」 免税店従業員が個人貿易商と謀議 高額のブランド時計・カバンを密輸入して摘発=韓国。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

免税店従業員が個人貿易商と謀議 高額のブランド時計・カバンを密輸入して摘発=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国で、免税店従業員が個人貿易商を通じて免税品を密輸入した容疑で正式に起訴された。

釜山(プサン)地検外事部(キム・ドヒョン部長検事)は関税法違反容疑でA免税店釜山店の従業員Aら12人とB免税店釜山店の従業員1人を不拘束起訴したうえで、A免税店法人も不拘束起訴したと5日、明らかにした。

検察はまた、免税品の密輸入を主導したキム被告(51)ら個人貿易商2人を拘束起訴し、別の個人貿易商7人と個人購入者9人を不拘束起訴した。検察によると、A免税店の従業員は普段からよく知っている個人貿易商を通じて2013年5月から2015年12月の間にブランド時計など免税品時価125億ウォン(約12億円)相当の品物を密輸入した容疑がもたれている。免税店従業員が密輸した品物の総額は数億台だという。彼らは外国人が国内免税店で購入する価格に制限を受けずに免税品を購入して出国できるという点を悪用した。

常連客が免税店従業員に高価な免税品の購入意志示せば、個人貿易商に購入を依頼した。続いてこの個人貿易商は仲のよい日本人と一緒に日本人名義で免税商品を購入した。日本人が出国し、免税品が日本に到着すると別の個人貿易商がこれを受け取り、別の日本人の運び屋や韓国人観光客を通じて免税品を持って韓国に入国した後、免税品の購入を依頼した客に届けるという手法を使った。

客は高価なブランド品を免税価格で買い、個人貿易商は免税品価格の5~7%を手数料名目で受け取り、免税店従業員は販売実績によるインセンティブが支給された。B免税店職員も同じような手法で数億ウォン相当の免税品を密輸入した容疑で裁判を受けることになった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2017年07月06日 09:13
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ITZY 新曲の英語バージョン発売
CNBLUEヨンファ ファンミ開催
7月から新しい防疫基準を適用
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
韓国の新規コロナ感染者635人
ブラックピンク 来月ライブCD発売
BTS米音楽賞で新曲ステージ初披露
ワクチン休暇広がる?大企業が検討中
済州航空・機内食カフェがオープン
BoAの兄が腹膜がんを告白
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
21.05.07
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]