韓国旅行「コネスト」 カメラ付きロボットが車両の隅々までスキャン…現代起亜自動車の「品質の心臓」。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
KONEST
【2月まで早割25%OFF】人気の鎮海お花見ツアー
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

カメラ付きロボットが車両の隅々までスキャン…現代起亜自動車の「品質の心臓」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
#高さ約5メートルの鉄製の壁に囲まれた大きな箱形の空間の中に発売を控えた起亜(キア)自動車の小型SUV「ストニック」の車体が入っている。車体の左右には人の腕形の黄色いロボット2台が上下そして前後に素早く動いた。複数の関節のような連結部分が自由に回り車体のあちこちを見回した。ロボットの先端部分にはカメラがついている。カメラはLED照明を照射し車体の底部から最上部までをこまかくスキャンし、このデータを外にあるコンピューターモニターに送った。

ロボットと車両を囲んだ箱形の空間も固定されたものではなかった。ロボットが車体を点検する間に鉄製の壁が床に下がっていき、壁の外側にあった車両のドア側にロボットを移していった。ロボットは再びドアの各部をスキャンし測定したデータをモニターに送り出した。

京畿道華城市(キョンギド・ファソンシ)の現代(ヒョンデ)起亜自動車南陽技術研究所のパイロットセンターではストニックの発売を控え車両点検の最中だった。パイロットセンターは新車が量産される前に試作品を製作し各種安全性実験を進める所だ。新車が円滑に量産されるよう車体の剛性、走行能力、燃費効率、騒音などを事前にテストし改善するのが主要任務だ。現代起亜自動車はこの日ストニック発売前のメディア行事を通じパイロットセンター内の総合品質確保棟と材料開発センターなどを公開した。

カメラが搭載されたスキャナーロボット2台を活用して車体を測定するのは総合品質確保棟内にある車体品質測定室だ。現代起亜自動車グループによると該当のスキャナーロボットは自動車業界では世界で初めて導入した非接触(光学式)3D自動スキャナだ。車両に接触せずに車体と完成車の大きさなどを測定し、車体が設計図面と同一に製作されているか確認できる。現場にいた車体品質測定室関係者は「モニターを通じて測定した数値が3Dイメージで表現され、色で異常の有無が表示される。これを通じて撮影した車体が設計図面または以前の段階の車体とどの部分でどれだけ違っているか明確に知ることができる」と説明した。

車体品質測定室の横には「BSR異音評価場」がある。BSRは振動や摩擦、車体への衝撃などで発生する雑音・異音を指す。BSR異音評価場では実際の路面データを通じて振動を発生させ、この時車両から発生する騒音を追跡して騒音発生源を探す精密分析実験室だ。騒音測定が行われる試験室はレコーディングルームのように防音・防塵設計になっている。

試験室内部には韓国で最初に導入された「電子式6軸加振機」を設置した。加振機の6個の軸が独立して動きでこぼこ道や滑らかな高速道路のような実際の道路と同じ走行環境を再現する。

実際のストニックの騒音測定試験も見ることができた。加振機を作動するとすぐに車体の下軸が踊るように上下に動き始めた。試験が続くほどに振動は強くなった。前軸と後軸にそれぞれ別の振動が加えられ車体が大きく揺れたりもした。

評価場関係者は「苛酷なほど振動を加え、騒音が発生する所がどこなのかコンピュータを通じて確認する。世界の道路170カ所のプロファイルを基に該当道路で発生しうる振動をプログラミングして試験を進める」と説明した。

また、総合品質確保棟にはドアなど可動部品を3D高速カメラで撮影し、どの部位がどれだけ振動するのかなどをグラフで確認できる車体剛性評価場も位置している。

その後車両に使われる各種素材に対する開発と検証作業が進められる材料研究棟に移動した。材料研究棟の中にある非破壊実験室ではエックス線を利用して製品を透視し、製品を360度回転させてすべての方向の透視イメージを作る。そしてこれをコンピュータで合成して断面形状と3D形状を作り出す。すなわち、製品を分解せずに製品の内部形状と欠陥などをすべて把握できるのだ。

非破壊実験室横の精密分析室では大型透過電子顕微鏡などで素材を分析する。ここに設置された透過電子顕微鏡は価格が15億ウォンに上る高価な装備だ。物体を100万倍以上に拡大し、1ナノメートルの大きさまで観測できる。1ナノメートルは髪の毛の太さの10万分の1水準だ。これを通じて車両に使われる金属、セラミック、ゴムなどの素材内部構造と構成元素分布を確認するのだ。研究棟2階には高分子材料分析室や金属成分分析室など車両素材の化学構造を分析し有害物質の有無を点検する実験室もある。

南陽技術研究所は1995年に全国に散らばっていた現代自動車関連研究所を統合して設立した。現代起亜自動車グループの技術が集約されている自動車技術の象徴のようなところだ。このため訪問客の携帯電話カメラにはすべてセキュリティステッカーを付けるほどセキュリティにも敏感だ。現代起亜自動車関係者は「社員も研究所に出入りする時はいちいち確認を受けなければならず自由に歩き回ることもできない。現代自動車の心臓のような所だ」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2017年06月28日 10:07
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
タクシー料金値上げ 混乱も
タクシー運賃きょうから値上げ
韓国の市外バス運賃 3月から値上げ
「春の女神」ソン・ヘギョ
女優イ・ハニ、視線集中 春スマイル
キムチがおいしくなる時を知るアプリ
歌手IU、高校生ファンの卒業式訪問
パク・ヘジン 新ドラマで消防士役
サムスン、ギャラクシー新作3月発売
SHINeeテミン 3月にソロコン
週間アクセスランキング
アン・ジェウクが飲酒運転 
19.02.11
業績まで墜落した大韓航空とアシ...
19.02.13
AOAジミン激痩せ?健康に問題ない
19.02.13
韓流ファンのための旅行商品が人...
19.02.12
ハ・ジウォン、カフェでも輝く美...
19.02.13
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]