韓国旅行「コネスト」 北朝鮮、インターネットインフラ整備へ。韓国の経済ニュース
KONEST

北朝鮮、インターネットインフラ整備へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
 来年から北朝鮮でもインターネットサービスが提供される見通しだ。

北朝鮮出身専門家の集まりであるMK知識人連帯のキム・サンミョン代表(仮名)は「早ければ来年から (北朝鮮の)特殊機関や許可された個人を対象にインターネットサービスを始める」と述べた。

キム代表は6日、国会憲政記念館で行われた「韓国放送通信学会学術シンポジウム」でこのように述べ「北朝鮮が金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の指示で2002年樹立した“インターネット開放ロードマップ”による」と伝えた。この計画によってまず北朝鮮は平壌(ピョンヤン)と咸興(ハムフン)の間に超高速光ケーブルを敷設してこれを清津(チョンジン)と新義州(シンウィジュ)に確張する作業を今年で仕上げ、超高速インターネット構築のための基本インフラを整える。

北朝鮮は最近、インターネットを通じた北朝鮮資料の外国流出及び外部の侵入を防止するセキュリティソリューション「ヌンラ88」を最近、大幅にグレードアップし、サービスの安全性を高めるのに成功した。また国際インターネットアドレス管理機構(ICANN)と北朝鮮内インターネットサービスに必要な協議も終え、サーバーシステム・中継機など関連装備の普及さえ行われればいつでもインターネットサービスを始めることができると金代表は説明した。

金代表は「北朝鮮がインターネットを通じてグローバル社会の一員になるという意志が強い」とし「中国とベトナムが開放初期からインターネットを全面開放しながらもこれに対する統制を適切で効果的にする形でインターネットサービスを取り入れてもいいという結論を下した」と述べた。

北朝鮮は現在“光明”と呼ばれる内部通信網(イントラネット)を通じて中央政府機関が保有した科学技術情報データベースをほかの地で閲覧することができる閉鎖的なサービスだけ提供中だ。

一方、キム代表は北朝鮮共産大学で電子計算機講座(コンピュータ工学科)教授として在職した 2004年、北朝鮮を脱出、現在は京畿大学兼任教授および北朝鮮研究所研究委員などで活動中の北朝鮮IT専門家だ。


COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年08月07日 16:09
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
Mnetサバイバル番組で感染者確認
辛ラーメン 海外売上高が増加
韓国の新規コロナ感染者574人
「夫婦の世界」のコサン市はどこ?
韓国女子カーリング 延長戦の末勝利
韓国経済は好調、雇用は依然冬眠中
鄭義溶氏と茂木氏が初の2者会談
キム・ゴウン、子ども病院に寄付
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
アンジー韓国と韓国映画への思い入れ
週間アクセスランキング
大韓航空 最も「高い」客を乗せた
21.04.30
非婚出産のサユリ息子と人気番組出演
21.05.03
ソン・ジュンギ 来月7日ライブ配信
21.05.01
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
防疫対策レベルさらに3週間延長へ
21.04.30
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]